我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

Easton EA30 XC Flat MTB ハンドルバー (その2)

2012-10-02
Top Page26インチMTBハンドル・ステム・サドル
ちょっと前に Easton EA30 ( http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-271.html ) に交換して、
ハンドル位置が低くなりいい感じになったと思い込んでいたが、
8月の終わりに南アルプスの林道を長々と走って、脇が自然に閉まらないことに気がついた。
脇が閉まらないと、ペダリング時に両膝が開いて太ももの表側の筋肉ばかり疲れてしまう。
表側の筋肉 ( 大腿四頭筋 ) が先にギブアップすると一気にスピードが落ちてしまう。

ライザーバーを使っていた時は自然に脇が閉まっていたがEA30 ( フラットバー ) ではうまくいかない。
EA30では普通にハンドルを握れば脇が開くので、意識して脇を閉めてみたが両膝は開いたままだ。
意識して両膝を閉めながらペダリングしてみたが、不自然な力の入れ方なのか余計に疲れる。
よって今の僕にはフラットバーは合わないので元に戻すことにした。



EA30装着時
P723025117.jpg

元のKONA純正ライザーバーに戻した。
P723025108.jpg
これがきっかけとなって少しハンドルの勉強をしてみた。
http://www.cb-asahi.co.jp/html/size-flatbar.htmlhttp://www.cb-asahi.co.jp/html/size-flatbar.html
EA30 はバックスイープ ( 上の写真の赤矢印 ) だけでアップスイープ ( 緑矢印 ) はない。
一方ライザーバーはバックスイープとともにアップスイープがあるので普通にハンドルを握った時、
僕の場合は自然に脇が閉まるようだ。
( ※正しい乗り方をしていればフラットバーでも脇が閉まるはずだが今の僕には無理 ・・・・・・・・・・ )
ライザーバーに戻したら、従来通り脇が自然に閉まって両膝が開かなくなり
太ももの表側の筋肉のみに頼ることなく、表側と裏側の筋肉がバランスよく使えた。



上半身と下半身の連動について参考になったのがロードバイク初・中級テクニック 改訂版
P9290079.jpg
今までテクニック本は何冊も買ったが、この手の本は上手な人 ( 作者 ) のフィーリングで書いてあるので、
なかなか読書に伝わらないと思う。
ただこの本は、その伝わらないフィーリングをできる限りあの手この手と表現を換えて
伝える努力をした本だと思う。
他の本ではあまり触れてない上半身と下半身の連動についても少し書いてある。

今回のハンドル交換を通して上半身と下半身の連動が重要であることがわかった。
自分の年を考えると体力アップしてスピードアップを目指すのは難しい。
地道に機材を創意工夫していくしかない。
次は別のライザーバーに交換して、さらにいいポジションがないか探していこうと思う。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

Easton EA30 XC Flat MTB ハンドルバー (その1)

2012-07-28
Top Page26インチMTBハンドル・ステム・サドル
我がMTB 、 KONA ONE20 deluxe のトップチューブのホリゾンタルは570ミリ。
購入した当初はピッタリのサイズであったが、最近十分乗り慣れてきた。
ここにきて身長173センチ、リーチ180センチの僕にはフレームが小さくなってきたようだ。
ステムを延長したり(http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-219.html
いろいろ工夫してきたが、しっくりこない。
根本的にはフレームを交換するしかないが、そう簡単にはできないので
ハンドルをライザーバーからフラットバーに変更してみることにした。



今回選んだのは Eastonで最安品の EA30 XC Flat MTB ハンドルバー
http://www.eastoncycling.com/en-us/ea30-xc-641
P7230105.jpg
裸ではなく化粧箱に入って送られてきた。
P7230104.jpg



長さ580ミリ。バックスイープ5゜    ちょうどピッタリの長さなのでカットする必要はない。
P7230106.jpg
目盛がついているので後々の調整に役立つだろう。



重さは228グラム
P7230112.jpg
ハンドルバーを手に持った瞬間、肉厚でガッチリした感触だったので
『 ほんまに195グラム(カタログ値)なのか?? 』 と疑ったが、予感は的中した。



デフォルトのハンドル、KONA純正ライザーバーを取り外し重さを測定。
P7230113.jpg
エンドキャップ込みで計測した。
両端のエンドキャップの重さを5グラムと想定すると実質255グラムとなる。
よって255-228=27グラムの軽量化となった。
なお長さはデフォルトで660ミリであったが575ミリまで切り詰めている。



交換前
P7230108.jpg
P7230109.jpg
P7230111.jpg



交換後
P7230251117.jpg
P7230116.jpg
P7230115.jpg
フラットバーが主流であった時代もあったが
最近、ほとんどの完成車にライザーバーが標準装備されてるように思う。
デザイン的にもライザーバーのほうがスタイリッシュなのかな??



最後にハンドル交換によってポジションがどれだけ変化したかチェックしてみた。
P7260150.jpg
P7260152.jpgP7260151.jpg
基準となるものがないので、

サドル先端 - グリップ端側上部 の距離 (赤矢印)
グリップ端側上部 - 地面 の距離 (緑矢印)

以上、二つの距離で比べた。


結果は順番に

59.7センチから59.6センチになった。
102.8センチから99.8センチになった。

よって交換後のハンドルはサドルから0.1センチ近くなり3センチ低くなった。

3センチハンドルが低くなったが、実際に乗ってみるとあまり感じない。まだまだ余裕がありそうだ。
坂道を登ってみたが、以前より腹筋に力が入り体の中心部からペダリングしているような感触になった。
劇的な効果はないが、なかなかいい感じだ。
次はハンドルの角度を変えて色々と試してみようと思う。

Easton EA30 XC Flat MTB ハンドルバー (その2) につづく
http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-282.html

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

FSA OS-190 LX (ステム交換)

2011-10-06
Top Page26インチMTBハンドル・ステム・サドル
http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-211.html からのつづき

一ヶ月前にKONA ONE20 deluxe のステム交換をしたが、上半身に余裕があるので再び交換することにした。
シマノプロ PLT ステム OS A は軽くていいステムなんだが、買値6500円と高い。
6500円だとエントリークラスのステムが2本買える。
値段とデザイン、重さのバランスを考えてFSA OS-190 LX を買うことにした。
長さは、前に比べ10ミリ増しの130ミリ、ライズは前と同じ±6°を選んだ。
FSA OS-190 LX は、すでに 70,80,100ミリと三本持っている。
この三本はすべて国内の販売店で手に入れたが、今回は30%オフで売っていたWiggleから入手することに。



1900円でゲットし、優先発送ではなかったが5日間で到着し喜んでいたら ・・・・・・・
R0015605.jpg
家にある FSA OS-190 LX とは少し違う。つや消しではなく、つやありの黒色だ。
これはちょっと誤算!



パッケージのバーコードには 「 Polish Stem 」 と書いてあるわ。(左側)
1234538.jpg1234537.jpg
ちなみ右側は国内で買ったFSA OS-190 LXのバーコード。こちらは 「 Laser Stem ・・・・・ 」 と書いてある。
国内の店でよく見かける FSA OS-190 LX に2種類のバージョンがあったとわなー ・・・・・・・・・



重さを測定。長さ130ミリなので重量はそこそこある。
R0015609_20111003080445.jpg



交換前
R0015228_20111003080445.jpg



交換後 ( なおスペーサーは5ミリ分下げた。 )
R0015612.jpg



ハンドルがつや消しの黒色なので、ステムとの一体感がないよな。!
R0015610.jpg
R0015611.jpg
走ってみてポジション的には、よくなったような感じ。
しかし、この艶ありが気に入らない。
まあ、この辺がWiggleの落とし穴じゃないか。
1900円だから辛抱するしかないな。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

KCNC SLアヘッドセットキャップを購入

2011-09-20
Top Page26インチMTBハンドル・ステム・サドル
http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-213.html  からのつづき



ということでヘッドキャップを購入。
買ったのは 【KCNC◇ケーシーエヌシー】 SLアヘッド セットキャップ セット
http://www.riteway-jp.com/pa/kcnc/item/506300.htm
R0015274.jpgR0015277.jpg
R0015276.jpgR0015278.jpg
ヘッドキャップだけかと思ったがスターファングルナットまで付属している。
ボルトの上にゴムカバーを付けコラム内に水の浸入を防ぐようだが、
カバーを付けると、せっかくのゴールドのボルトが隠れてしまうのでカバーは外して使うことにする。
最後の写真はKONAの純正ヘッドキャップ。



重量を測定する。
R0015279.jpgR0015280.jpgR0015281.jpg
R0015282.jpgR0015283.jpgR0015284.jpg
KCNC のボルトが3グラム、KONA のボルトが8グラムなので
比重から推測すると KCNC のボルトはチタンではなくアルミ合金だろう。
製品説明にはボルトまでアルミ合金とは書いてなかった。
『 たったこれっぽっちで1000円オーバーとは高すぎる 』 と渋々購入したが
アルミボルトなので少し納得した。



KCNCの製品にはボルトの締付けトルクが書いてない。
軽量化を優先するので部品が繊細だから、やはり締付けトルクは表示するべきなんじゃないか。
トルクレンチを使用して、2.5Nmで慎重に締付けた。
R0015289.jpg
ヘッドキャップはシートポストクランプにくらべ目立つ。アピール効果絶大。
R0015285.jpg
R0015287.jpg
これでグリップ、シートポストクランプ、ヘッドキャップがゴールドでシンクロした。



赤印で示したフレームに三箇所あるオレンジ色のラインに合わせて、最初にライトをオレンジにしてみた。
そしてオレンジと同系色のゴールドでグリップ・シートポストクランプ・ヘッドキャップをまとめてみた。
R0015474.jpg
R0015478.jpg
次に手をつけ易い候補としてドリンクホルダー(緑印)、リアアウターケーブル(茶印)、
ちょっと大変になるがブレーキホース(紫印)がある。
いまのところオレンジ or ゴールドしか思い浮かばないが、
パーツによっては色の選択肢が限られてくるので難しいな。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

KCNC シートポストクランプを購入。

2011-09-17
Top Page26インチMTBハンドル・ステム・サドル
買ったのロードバイク用のロードライト クロモリ (http://www.riteway-jp.com/pa/kcnc/item/653160.htm
KONA ONE20 deluxe に装着するのでMTB用を買うつもりであったが、
行きつけた店には在庫がなく KCNC シートポストクランプのシリーズの中で一番お安いコイツを選んだ。
R0015232.jpgR003315237.jpg
R003315234.jpgR003315235.jpg
なかなか高級感のあるデザインだ。



重さを測定する。
R0015238.jpgR0015239.jpg
R0015240.jpgR0015241.jpg
全体重量は14グラム。
本体は10グラム。
クロモリボルトは4グラムであった。

ちなみにクロモリボルトがチタンボルトにグレードアップしたロードライト チタン(http://www.riteway-jp.com/pa/kcnc/item/653164.htm)なら 1785円。
1785 - 1365 = 420円 なのでチタンボルトに変わるだけで420円高になる。
チタンの比重が 4.5 クロモリの比重は鉄とほぼ同じなので 7.8
4.5×4 / 7.8 = 2.31 
4 - 2.31 = 1.69
1.69グラムの軽量化のために420円高ということになる。
クロモリボルトの精密な計測ができたら正確に計算できるんだが ・・・・・・・・・・・・・

デフォルトのKONAの純正クランプ ( クイックタイプ ) は39グラムであった。
ステムといいKONA純正パーツは重いよな。 (http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-211.html



バーグリップ ( TOKEN TK9892 ) (http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-161.html
のゴールド色の金具と較べてみる。
R0015244.jpg
バーグリップのゴールドにシンクロするようにシートポストクランプもゴールドを選んでみたわけだが、
当然、メーカーが違うので色合いが微妙にずれてしまう。



早速取り付けた。
R0015245.jpg
R0015247.jpg
MTBを車載する時にシートポストを着脱するので、クイックタイプのクランプの方が僕の用途に合っているが、
今回はスッキリしたデザインのボルトタイプを選んでみた。
後々、後悔するかもしれないな ・・・・・・・・・・・・



少し離れたところからバーグリップとシートポストクランプを眺めてみたが微妙な色違いはわからない。
問題なくシンクロしている。(赤印)
R0015246.jpg
ヘッドキャップ・ヘッドスペーサーもゴールドにしたら、もっとカッコよくなりそうだ。

KCNC SLアヘッドセットキャップを購入へつづく http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-214.html 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

シマノプロ PLT ステム OS A を購入 ( その他・ステム一覧 )

2011-09-05
Top Page26インチMTBハンドル・ステム・サドル
KONA ONE20 deluxe の交換ステムとして
SHIMANO PRO (シマノプロ) PLT STEM OS A ANGLE:±6° (PLT ステム OS A アングル:±6°)[025728_34_2smpro_]
を購入した。
R0015220.jpg
120ミリ ライズ±6° ハイト40ミリ



重さは138グラムであった。
R0015221.jpg



鍛造アルミ製で薄い作りをしてるせいなのか推奨締め付けトルクは小さめ。
R0015223.jpg
R0015224.jpg
クランプ部分は二つに分かれている。 ( 緑印 ) このタイプは珍しいんじゃないか。



上の写真が交換前、下が交換後。
R0015225.jpg
R0015228.jpg
今までの発想を180度転換して、ハンドルを遠く高くするようにセッティングしてみた。



切削デザインは好みが分かれるよな。
R0015227.jpg
購入前には意識しなかったが、この部分は普通のブラック塗装のほうがいいと思う。
 


KONA ONE20 deluxe のデフォルトのステム。
KONA XCステム 105ミリ ライズ±6° ハイト42.6ミリ
R0015229.jpg
超ヘビーな194グラム。 もちろん鍛造ではなく鋳造アルミなんだろう。



角の盛り上がりで剛性を高めてるんだろうだが、これが重量アップにつながっていると思う。
R0015231.jpg



KONA XCステムの断面写真。 分厚い・・・・・・・・・・。
R0015230.jpg
シマノPLT ステム OS A と撮り較べればよかったんだが、
気がついた時には新しいステムは取り付けた後だった。



ついでに家にあるステムの重さを計測しておいた。



FSA OS-190 70ミリ ライズ±6° ハイト40ミリ
R0015337.jpg



FSA OS-190 80ミリ ライズ±6° ハイト40ミリ
R0015331.jpg



FSA OS-190 100ミリ ライズ±6° ハイト40ミリ
R0015355.jpg



FSA OS-190 130ミリ ライズ±6° ハイト40ミリ
R0015609.jpg



Ritchey Comp 4-Axis Black Stem 110ミリ ライズ±6° ハイト42ミリ
R0015608.jpg



GIANT CONNECT ( DEFY ADVANCED SEのデフォルトのステム )  90ミリ ライズ±8° ハイト40ミリ
R0015333.jpg



EASTON EA30 105ミリ ライズ±6° ハイト40ミリ
R0015332.jpg



Kona Control 85ミリ ライズ±6° ハイト40ミリ ( KONA DEW 2011モデルの純正ステム )
R0015974.jpg




新しいステムに交換した KONA ONE20 deluxe を乗ってみて近所の連続4キロ登り坂を走ってみた。
2週間で4回走行したが、走る度に平均速度が上がる。
今回のステム交換は当たりのようだ。

FSA OS-190 LX (ステム交換)につづく  http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-219.html

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

KONA ONE20 deluxe 整備(ステムの裏返し)

2011-05-23
Top Page26インチMTBハンドル・ステム・サドル
最近、ロードバイクに乗ることが多くなり、ロード特有の深い前傾姿勢に慣れてきた。
おかげでKONA ONE20 deluxeの前傾姿勢が浅く感じるようになってきた。
で、もう少しステムを低くしようと思ったが、現在、残っているのは1センチのスペーサー1枚のみ。
R5514285.jpg
このスペーサーをステムの上側に移動させて調整してもいいが、
さらにコラムが突き出てしまうので格好的に気に入らない。
とういうことでステムを裏返すことにした。



2156873.jpg
まず作業する前にステムを裏返したら、
どれくらいハンドルの高さが低くなり、
遠くなるか計算してみた。
( 計算間違ってたらゴメン )


三角関数の値は三角関数表を利用。
http://emath.s40.xrea.com/ydir/Wiki/index.php?%BB%B0%B3%D1%B4%D8%BF%F4%C9%BD
26.292 - 46.851 = -20.559ミリ
101.6505 - 93.9645 = 7.686ミリ
よってステムの高さは20.559ミリ低くなり、水平距離換算で7.686ミリ遠くなる。



実際、ステムを裏返した後、ハンドルがどれくらい低くなって遠ざかるかは、以下の寸法で測定した。
R0014281.jpgR0014283.jpg
R0014286.jpg
どれくらい体から遠ざかるかは、ステムのハンドル取り付け部分 - サドル先端の距離で比較した。
高低差はバーグリップの地上高で比較した。
(ステムとハンドルの取り付け角度は、水平面に対するバーエンドの角度を目安に、
できる限り同じようになるようにした。)



上の写真がステムを裏返す前。下の写真がステムを裏返したあと。
R0014284.jpg
R0014287.jpg
実際に作業前後で測定してみると・・・・・・・

ステムのハンドル取り付け部分 - サドル先端の距離 503ミリ → 513ミリ
高低差 951ミリ → 933ミリ

よってステムの高さは18ミリ低くなり、10ミリ遠くなった。
実際に計測したステムが遠ざかる距離は、水平換算距離ではなく直線距離なので値が大きくなると思う。
あとステムとハンドルの取り付け角度を作業前後で完全に一致させるのは非常に難しいので
実際に測定した高低差は誤差がでてしまう。
三角関数で求めた値と実際の測定値にはズレはあるが、
この方法で計算すればある程度予測できるんじゃないか。



最後にサドルの高さを記録しておく。695ミリであった。
R0014280.jpg
最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

バーグリップを購入・トーケン(TOKEN TK9892)

2011-01-21
Top Page26インチMTBハンドル・ステム・サドル
新しいバーグリップを手に入れた。 TOKEN TK9892
グリップはレザー製。
wiggleにて15ポンドで買った。
R0013569.jpg
R0013574.jpg
R0013576.jpg
R0013579.jpg
グリップの内側はプラスチック製になっており、外側にレザーが巻いてある。
この写真にも薄っすらと写っているんだが、内側のプラスチックは一体ではなく、二つのプラスチックが合体している。
手前側のプラスチック部分の内径が微妙に小さく、ハンドルバーに入れる際に閊えてしまった。
( うまく表現できなくてスイマセン )



重さは120グラムと表示されているが、一応、重量を計測する。
R0013570.jpg



121グラムであった。
R0013572.jpg



長さは125ミリであった。
R0013577.jpg



今まで使っていたのは、バズーカ・カラーグリップ。
ライディング中にクルクル廻るようになったので買い換えることにした。
VOODOOの29インチMTBでも、オレンジ色の同じ製品を使用しているが問題なく使えてる。
こちらの方は、運が悪いというかハズレ品だったんだろう。
案の定、パーツクリーナーを使わずに外すことができた。
( 通常はパーツクリーナーを、ハンドルとグリップの間に吹き付けないと外れない )
R0013580.jpg



カラーグリップの重量も測っておく。
R0013586.jpg




ハンドルに付けようとしたが、先程、説明したプラスチック部分で閊えてしまう。
思いっきり力を込めても無理だ。
ハンドルバーにシリコンオイルを噴射してもびくともしない。
ここは仕方なく、プラスチックハンマーで金メッキ部分を側面から叩いて挿入した。
ハンドルバーはアルミ製なので、少々の衝撃では問題ないが、
カーボンバーなら割れんばかりの勢いで、 プラスチックハンマーを使った。
で、閊えたプラスチックの部分は薄く剥離してしまった。(剥離しても全く問題ない)
以上の通り、少し苦労したがなんとか取り付けることができた。
R0013582.jpg
R0013583.jpg
R0013584.jpg
このグリップの側面の美しい金メッキを生かすためにも、バーエンドはつけない方がいいんじゃないかな。
今のところ、バーエンドは上り坂で使うので外すことはできないが ・・・・・・・・・・ 
あと、このKONAバイクには、グリップの色は黒色よりも赤茶色の方が合うと思う。
残念ながら今回買物をしたwiggleには黒色しか売ってなかった。
( 日本ではこの製品の赤茶色、黄色が売っている http://www.worldcycle.co.jp/item/32910.html


実際に使ってみて、グリップはちょっと細めであったが、やはり手触りはいい。
表面は堅いんだが手に馴染む。前に使っていたカラーグリップの方が表面は柔らかいんだが、
手触りはこちらの方が遥かに上だ。やはりレザーなんだ。
手袋を着けて使ってみたが、これも又いい感触だ。
このグリップは末永く使えそうだ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

MTBカスタマイズ(ハンドル幅調整)(KONA ONE20 deluxe)

2010-01-16
Top Page26インチMTBハンドル・ステム・サドル
ハンドル幅の調整。

ちょっと長かったので切ることにした。
数字の 「 3 」 まで切ることにした。長さにして26ミリ。



糸鋸を使っても切れないことないが、きれいに切るためにパイプカッターを使った。




切断直後。ハンドルバーは薄いのであっさり切断できる。

バリは金属ヤスリで取り除いた。ハンドルの全長は605ミリになった。



とりあえず完成。

フロントギアはシングル化にしたのでフロントディレイラーのシフトレバーを取り外した。

取り外したパーツの重さを計測。

前シフトレバー ( DEORE )  136グラム
アウターケーブルとインナーケーブル合計で 36グラム

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

MTB整備(バーエンドなど)(KONA ONE20 deluxe)

2009-11-19
Top Page26インチMTBハンドル・ステム・サドル
本日の昼休み、KONA ONE20 のパーツを買うためワイズロード大阪店に行ってきた。



バーエンド。

やはり、この類の商品は実物を確かめたい!!
定価販売だとはわかっていたが、見て触ってみたい。
29erに使ってるバーエンドが長めに感じていたので、
88ミリのタイオガのパワースタッド5を選んだ。値段は2100円。
重量の実測値は、左右ペアとエンドキャップ2つを入れて、合計122グラムであった。



新車だからディスクブレーキのエア抜きは全然必要ないが自分でエア抜きを体験してみたい。
・・・・・ということで純正ミネラルオイルを買った。  
 
値段が1258円と結構高い。
1000円以上もするなら500ccぐらいいれてくれたらいいと思うんだが。
エア抜きする時に使う透明チューブと、説明書ではなく注意書きがついていた。

鉱物油だから安物のエンジンオイルでも代用できるんじゃないの・・・っと勝手なこと考えてたが、
容器を揺らしてみた感じ、想像していたよりもかなりサラッとしている。
やはり、普通のエンジンオイルとは粘度が全然違うようだ。
仕事が忙しいが、なんとか年内にエア抜き体験をしてみたい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.