FC2ブログ

我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

シュワルベ ロケットロン 29x2.25 (MTBタイヤ交換)

2018-10-01
Top Page29インチMTB タイヤ
交換日 平成30年9月29日



29インチMTB、TREK Superfly AL を購入して7年弱。
デフォルトで付いていた純正タイヤ、Bontrager 29-1 Expert 29x2.2 を初めて交換することにした。
新たに購入したタイヤはシュワルベ ロケットロン 29x2.25 太いタイヤが好みなのでサイズは2.25インチを選んだ。
P9051521.jpg
P9051523.jpg
P9051524.jpg
実は3年前に通算走行距離が3000キロになった時点で、そろそろ交換しようと思って買い置きしておいた。
確かヤフオクで2本で7000円ぐらいだったと思う。
が、元のタイヤが、 「まだ持つ、まだ持つ ・・・・・・・」 と思いながら交換を3年先延ばししたわけだ。
タイヤは黒色のビニール袋に密封してタンスにしまっておいたので状態は悪くない。



交換前の TREK Superfly AL の通算走行距離は4400キロ余り。 Bontrager 29-1 Expert 29x2.2 の減り具合は御覧の通り。

前タイヤ
P9294628.jpg

後タイヤ
P9294634.jpg
特に後タイヤは真ん中のノブが擦り減ってスリックタイヤ様になっている。
前後ローテーションして粘ることも考えたが気分一新で交換を決断した。



購入したシュワルベ ロケットロン 29x2.25 のスペックは御覧の通り。
P9051520.jpg
商品名 SCHWALBE ROCKET RON 29x2.25
グレード Performance
重量 570g
コンパウンド Dual Compound
商品番号 11600390.01



2本のそれぞれの重さは612gと582g。
P9051525.jpgP9051526.jpg
相変わらず海外製のタイヤは精度が悪い。



タイヤの裏面
P9051532.jpg
P9051534.jpg



前後タイヤを装着した。
P9294632.jpg
P9294638.jpg
久々のタイヤ入れ替え作業。 難しい作業ではなかったのに2時間もかかってしまった。
当分やっていないので忘れてしまう。



このタイヤも方向性パターンを採用している。 指定空気圧は26-54psi
P9294642.jpg
P9294646.jpg
P9294629.jpg
P9294637.jpg
タイヤをホイールに装着し空気圧54psiに設定してタイヤ幅を4点で計測( タイヤのノブは含めない )した結果は、
55.4ミリ、55.2ミリ、55.3ミリ、55.1ミリであった。 直径は743ミリであった。
前のタイヤ、Bontrager 29-1 Expert 29x2.2 が54.1ミリ、53.8ミリ、53.7ミリ、53.7ミリだったので、
かなりのボリュームアップ!!
林道ツーリングにおいてタイヤのエアボリュームは大事だと思う。
エアボリュームはゴロタ石ダート走破性に多いに影響を及ぼす。

一方、Bontrager 29-1 Expert 29x2.2 の重さは627グラムと644グラムだったので
シュワルベ ロケットロン 29x2.25 は軽くなってエアボリュームが増えた。
単純に考えればタイヤの厚みが薄くなったんだろう。
ダート走行時、サイドウォールの傷に注意しなければならない。



ところでタイヤ購入して3年経過しているのでアメリカのシュワルベのホームページ
シュワルベ ロケットロンが現行品かどうかチェックした。
11.jpg
とりあえず ROCKET RON HS438 で今も売られている。
この図を見ると、実はシュワルベ ロケットロンは SnakeSkin / Speed から Performance / Dual まで
6つのグレードに分かれており、僕が買ったのは最安の Performance / Dual 。
現時点でヤフーショッピングで 「 SCHWALBE ROCKET RON 」 で検索をかけると、
出てくるのは、ほとんどが上位グレードの SnakeSkin 。 1本7000円台の高価なタイヤだ。
リーズナブルな Performance グレードは見当たらない。



Performance / Dual のラインナップを見てみると ・・・・・
12.jpg
29x2.10 は載っているが僕の買った 29x2.25 は見当たらない。
本来なら赤矢印付近に入らなければならないんだが ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
残念ながら3年という長い年月の間にカタログ落ちしてしまった。



タイヤ装着後、アスファルト上を30キロ走ってみた。
P9304652.jpg
交換前のタイヤがスリックタイヤ同様だったので、新しいタイヤのノブが 「ギュ、ギュ」 とアスファルトを掻きむしる音が新鮮だ。
空気圧54psi と高圧なのにクッション性がいい。やはり新品のタイヤはゴムがしなやかで気持ちいい。
ひと走りして真ん中のノブの髭は剃り落とされたが、それ以外のノブの髭は付いたまま。
3年前の八ヶ岳ツーリング以来、ダートを走ってない。
一度、林道ダートを低空気圧走行して髭を剃り落としに行かなければならないな。 (o^。^o)

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.