我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

Easton EA90 XC 29er ホイールを装着

2013-07-28
Top Page29インチMTB ホイール
今回は先日ゲットした Easton EA90 XC 29er ホイール の紹介、そして取付け作業についてレポートする。



前ホイール ( 15ミリアクスル )
P7132068.jpg



後ホイール ( 10X135QR )
P7132061.jpg
Easton EA90 XC 26インチには 12X135/142 の設定があるのに Easton EA90 XC 29er は 10X135QR の設定のみ。
どうしてだろうか? 不思議で仕方ない。



前ハブ 6穴ディスクタイプ。 赤メタリックの派手な塗装だ。
P7132069.jpg
Easton EA90 XC 29er は6穴タイプのみ。センターロック仕様はない。



後ハブ
P7132063.jpg
ハブ軸をノギスで計測したら 9.9ミリであった。



リムには 「 EA90XC 」 とデカイ文字が塗装されている。
P7132067.jpg



TLR ( チューブレスレディ ) ではなくリムテープ不要のUST仕様。
P7132065.jpg
よってリムにスポーク穴はない。
P7132066.jpg
リム内側から凝視してみると、赤矢印部分が境界様のようになっている。
P7132074.jpg
ノギスの計測ではリム内幅は19.0ミリ、リム外幅は24.0ミリであり典型的なクロスカントリー仕様である。



ホイールの重量を測定する。
P7132036.jpgP7132035.jpg
P7132037.jpgP7132039.jpg
前ホイール(バルブなし) 764グラム
後ホイール(バルブなし) 923グラム
バルブはペアで13グラム
後クイック(135ミリ) 65グラム

よってホイール交換による軽量化効果は、過去データーより

821+1073+73+39-764-923-65=254グラムの軽量化となった。 ( 39グラムはリムテープ分 )



P7132075_20130725231830.jpg


ホイールの振れをチェックする。

前ホイール 横振れ0.5ミリ 縦振れ0.5ミリ
後ホイール 横振れ0.5ミリ 縦振れ0.5ミリ
※なお振れ取り台はミノウラの廉価品なので1ミリまでしか
読み取れない。
0.5ミリはあくまで目分量である。

今までの経験上、
手組ホイールにくらべ完組ホイールの振れは小さい。
前々に買った完組26インチMTBホイール WH-MT65 も小さかった。
走行性能において振れ0.5ミリと1.0ミリでは全く差はないが、
振れ取り台で0.5ミリの差があると印象は随分違う。

















最初にホイールにタイヤをはめて、次にディスクローター・ Avid HS1 を付ける。
P7142076.jpg
ディスクローターの取り付け・取り外しに関しては、ハブをしっかりと固定することが大事だと思う。
分厚い布団の上にホイールを置いてハブを固定しローター取り付けボルトをねじ込んだ。



前ホイールが完成。 ローターが180mmから160mmになったので迫力がなくなってしまった。
P7142077.jpg



180mm から 160mm のローターに変更するのでフロントフォークのキャリパーのアダプターを抜き取る。
P7051949_201307180736067b5.jpg



取り外したポストマウント180mmアダプターと M6 x 37.9 と M6 x 32.1 のネジ。
P7142083.jpg
ここでちょっとしたハプニング。
160mm ローターになるのでキャリパーはフォークに直付けするから、M6 x 37.9 と M6 x 32.1 のネジは長過ぎ。
通常の M6 x 18.7 のネジが必要だ。 ここまで頭が回らなかった。
作業が中断し翌日、M6 x 18.7 のネジを買いに行った。



M6 x 18.7 のネジをゲットし、それぞれのパーツを重量測定した。 順番に ・・・・・・・・・・

フロント180mmアダプターセット一式
アダプターのみ
M6 x 37.9 と M6 x 32.1 のネジ
M6 x 18.7 のネジ・2本
P7142081.jpgP7142080.jpgP7142082.jpgP7192141.jpg
M6 x 37.9 と M6 x 32.1 のネジって結構重い。
180mmアダプターを抜き取ることによって
34.4-12.9=21.5グラムの軽量化となった。

ここでディスクローター交換による軽量化効果を求めておく。
デフォルトのディスクローターは、Shimano SM-RT54  前180ミリ 後160ミリ

過去データーより
164+142+19-100-100-26=99グラムの軽量化となった。

今回のホイール交換、ディスクローター交換によって
254+21.5+99=374.5グラムの軽量化となった。



次は後ハブにスプロケットをはめる。
スプロケットはデフォルトのCS-HG62-10( 11-36T )
特に 11-36T は実測値460グラムと鉄の塊だ。
フロント1枚ならワイドレシオの 11-36T で止むを得ないが、
フロント2枚なら少しでも軽い 11-34T を選んだ方が無難だろう。
さらにクロスレシオの10段変速のメリットを発揮させるなら 11-32T という選択もありだと思う。
P7172139.jpg
フリーの表面にグリスを塗り、スプロケット10段~3段の一塊をミゾに合わせて押し込むが、
なぜか途中で閊えて進まない。何回やっても同じ。こんな経験は初めてだ。
仕方なく手に力を入れて、ギュッと押さえるとスポンと勢いよくはまった。
いいように考えれば、フリーボディの大きさが微妙に大きくなって精度がましたと思われるが、
実際のところどうなどだろうか ・・・・・・・・・・



完成した。
P7172131.jpg
P7172130.jpg
横から見る 「 EASTON 」 の文字はアピール度大!



赤メタリックのハブはいいが、銀色のスポークがイマイチかな。
P7172128.jpg
フレームが黒色なので、スポークも黒色がよかったと思う。



ホイール交換すると、サイクルコンピュータのマグネットを移し変えなければならないが、
マグネットの位置がずれてスピードセンサーも移動させなければならないようになった。
P7172127.jpg
スピードセンサーを固定する結束バンドを見つけるのに苦労した。
コーナンでは、結束バンド幅2.5ミリのものは長さ100ミリしかない。
長さ100ミリではフロントフォークの周囲長に足りない。
その上の長さ150ミリの結束バンドは幅3.6ミリあり、3.6ミリではスピードセンサーの溝に合わない。
幅2.5ミリで150ミリ以上のものが必要だ。
どうしようもなかったので CATEYE の結束バンドを含んでいる補修パーツを買って間に合わせた。



フロント180mm アダプターを抜き取った前キャリパー。
P7172135.jpg



昨年の11月に TREK Superfly AL 2013モデルを購入し、フロントシングル化、サドル、ホイール交換など
色々手を加えてきたので重量をチェック。
バイクを担いで体重計に乗り測定した。
P7172136.jpgP7172138.jpg
72.5-61.3=11.2キロ

この11.2キロはペダルやドリンクホルダー、サイクルコンピューター、ライトホルダー、GPSホルダー
などを含んでおり、これらを少なめに見積もっても合計0.4キロになる。

11.2-0.4=10.8キロになりデフォルトのペダルレス11.7キロから0.9キロの軽量化となった。



ホイールを装着し、いつもの周回コースを走ってみる。
デフォルトのホイールに比べラチェット音が非常に静かだ。
漕ぎは軽いがスピードの乗りが悪い。ホイールが軽い分、慣性力が働かない。

『 これは、また失敗か?? 』 と一瞬頭を過ぎったが、

翌日、翌々日と乗り込むうちにホイールの軽さに体が馴染んで、
一段重めのギア or ケイデンスが UP していい感じになり、
近所のヒルクライムコースにて自己ベストをマーク。
一方ホイールが軽くなったのに走行時のハンドルのぐらつきが少なくなって直進安定性が増した。
ホイールバランスがよくなったのかハブの精度が上がったのか、よくわからないが、うれしい誤算であった。

ブレーキの方は、タッチ・フィーリングは微妙にいい感じ。 もちろん音鳴きはない。
ただフロントローターが 180 → 160ミリに換わったので右手の握り具合に対する制動力は落ちた。
右手を力強く握れば、しっかり効くので問題ないが、
今までの180ミリに慣れ切っていたので少し違和感がある。
他の29インチMTB完成車にもデフォルトでフロント160ミリの設定があるので
慣れれば問題ないだろう。

今回は Chain Reaction のバウチャー “JUNEJP9” が使えなかったため、
Newホイール選びが迷走し、ちょっと高い Easton EA90 XC 29er を買ってしまったが、
結果的にこれでよかったんじゃないか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

bike nashbar にて 29インチMTBホイールを購入

2013-07-22
Top Page29インチMTB ホイール
今回は Wiggle でも Chain Reaction でもなく、
アメリカの bike nashbar という未知の店でNewホイールを購入した。
いつもの海外自転車通販とは一味違うので、購入の一部始終をお見せしようと思う。



6月の末になって、突如、29インチMTBのホイールがほしくなった。
お馴染みの海外通販 Chain Reaction をチェックしてみると前々からマークしていた
Easton Haven MTB 29er Wheelset が依然売られている。
29インチの替ホイールを検討している人は真っ先にコイツに目が行くだろう。
P7051955.jpg
重さも1785グラムと、まあまあ軽く、リム内幅は21ミリと幅広で僕の好みだ。
約48000円と手に届く値段で、只今、4375円オフの “JUNEJP9” のバウチャーも使えてさらに安くなる。
tdf_voucher_ja_01.jpg
tdf_voucher_ja_02.jpg
その後、気持ちは一気に盛り上がり、7月1日の午後9時頃に
有効期間未定の “JUNEJP9” が使えるかどうか Chain Reaction のサイトで試したが問題ない。
ここで発注すればよかったが、ウインブルトンのテニス中継に熱中してしまい、
再度パソコンに向かったのは午後11時50分頃。
円決済がいいのか、ポンド決済、オーストラリアドル決済がいいのか、
ごちゃごちゃ試してるうちに突然バウチャーが使えなくなった。
“JUNEJP9” の有効期間は日本時間7月1日午後11時59分59秒までということみたいだ。

その後、バウチャーが一瞬の差で使えなかったことが悔やまれたが、Newホイールに対する物欲が一層高まり、
他のサイトで Easton Haven MTB 29er が売っていないか探した。
しかし Chain Reaction 並みの値段で売っている店は皆無。
Chain Reaction の 48000円は破格だ。
48000円でも十分安いが Chain Reaction ならバウチャーで買物しなきゃ気が済まない。
変な意地っ張りで Easton Haven MTB 29er は諦め、
Easton EA90 XC 29erMavic CrossmaxST 29 にターゲットを拡げた。



2,3日、パソコンで検索してると
アメリカの bike nashbar という初耳の店を見つけ、
Easton EA90 XC 29er がお買い得な値段で売っている。
P7051954.jpg
しかし、最終的に見積もると送料がやたら高く合計で8万オーバーとなったため諦めかけたが、
もう一度 bike nashbar のメインページを見直してみると
1日限定で全商品20%オフのバウチャーコードが発行されてるではないか!!!
13NB_07_17_mainBnr_01.gif
バウチャーコードを入力して見積もると合計で645.99ドル ( 当時のレートで約65500円 )。
Chain Reaction の “JUNEJP9” のトラウマもあり、躊躇することなく一気に発注した。 ( 7月4日の夜 )

bike nashbar の送料は Wiggle や Chain Reaction のように明快に表示されてない。
ほしい商品をカートに入れ、送り先を入力して、最終チェックアウトの直前に表示されるシステムなので、
少し面倒だ。



bike nashbar で Easton EA90 XC 29er 前後ホイールを発注したら、
即、自動返信メールが送ってきて、さらに40分後に下記の注文確定メールが送ってきた。
P7051950.jpg
商品代金569.98ドル。 割引114ドル。
送料は189.41ドルと非常に高い。
支払い合計645.39ドルであった。
なお円決済もできたがカード会社に払う為替手数料を考慮してもドル決済の方が安かったのでドルで決済した。



日頃慣れている Wiggle や Chain Reaction なら安心してどっしりと構えてられるが、
今回は初物の bike nashbar なので不安の中、7月9日の未明に商品発送メールが届いた。

左側が後ホイール、右側が前ホイール。 ( クリックすると拡大します )
P7172121.jpgP7172120.jpg
欧米の数々の販売サイトをみたが、Easton EA90 XC 29er には前後セットはなく、
前ホイールと後ホイールは別売りだ。
よって前後ホイール別々に発送してくる。
発送業者はDHLで、赤矢印をクリックすると荷物を追跡できる。

また発送時点でカードから引き落とされていた。
日本円で66607円。 換算レート・1ドル103.206円。
発注時点で引き落とされてると1円強円高だったので、もう少し安く買えたが仕方あるまい。



前後ホイールは同じルートで送られてくるものと思い込んでたが、
下記の通り、後ホイールは東京経由で、前ホイールは香港経由で送られてきた。
( クリックすると拡大します )
P7122026.jpgs_P7132033.jpg
後ホイールは コロンバス → シンシナティ → 東京 → 大阪 
前ホイールは コロンバス → シンシナティ → 香港 → 大阪

また自宅への到着も東京経由のほうが実質1日早かった。



DHLの白色のワゴン車にて自宅へ配達され、配達時にそれぞれ消費税、手数料を徴収された。
下の写真は領収書(クリックすると拡大します)
P7132034.jpg
Scan365.jpgScan3.jpg
手数料の合計は2570円になったのでホイールの購入総費用は69177円になった。



今回は Chain Reaction のバウチャーが一瞬の差で使えなかったため、
別のホイールを検討することになり
bike nashbar という未知の店で Easton EA90 XC 29er を買うことになってしまった。
前後セット1697グラムの Easton EA90 XC 29er が約69000円。
前後セット1785グラムの Easton Haven MTB 29er が Chain Reaction でバウチャーが使えたと仮定して、45000円。
冷静に考えたら88グラムのために24000円も費やすのはいかがなものかと考えてしまうが ・・・・・・・・・・

一方、今回の買い物をきっかけに bike nashbar のダイレクトメール会員になったが、
その後、一日限定20%オフバウチャーが、しょっちゅう送られてくる。 ( 笑 )
Chain Reaction のバウチャーなら、せいぜい月に一回程度だが bike nashbar は何回もある。
いかんせん bike nashbar の送料は高すぎるので、普段、検討の余地はないが、
20%オフバウチャーなら多少お得になることもあるのでダイレクトメール会員になってまめにチェックすれば、
いつか役に立つことがあるかもしれない。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.