我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

 次のページ »

大台ケ原山頂までサイクリング

2014-12-10
Top Page林道ツーリング、サイクリング奈良県
走行日 2014年11月22日



晩秋の快晴の中、日本百名山・大台ケ原山頂まで自走した。
当日の走行ルート http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=12dcc7e6db74af35638a8fdb093ce21b

午前6時6分、自宅を出発。

7時46分 近鉄大和上市駅近くのローソンに立ち寄った。
標高157メートル  自宅より35.65km  サイクルコンピューターの平均速度は25.1km/h
DSCN1270.jpg
向こう側には吉野川に架かる近鉄の鉄橋が見える。 この先、太平洋側まで鉄道はない。
DSCN1269.jpg
家で朝飯を済ませたが、ここでドーナッツを買って食べた。
この先、大台ケ原山頂まで、以前ツーリングした時に重宝したハチミツのみの補給でいく。



8時28分 大滝ダム湖に到着した。 この先はフラットなダム湖沿いを12キロ走る。
標高321メートル  48.26km  24.7km/h
DSCN1273_20141124210621614.jpg
向こう側に見えるのは大滝ダム。
DSCN1274.jpg
DSCN1317.jpg
今日は1年に10日あるかどうかぐらい、空は澄み切っている。
サイクリング日和と言いたいところだが、晩秋で山中は寒い。
御覧の通り、コンパクトカメラでもクッキリ撮れる写真日和であった。



9時13分 大迫ダムに到着。 この後、本格的な登りが始まる。
標高401メートル  62.56km  24.8km/h
DSCN1276.jpg
大和上市より大迫ダムまで、微妙な向かい風。 体感しにくい微妙な風でもダム湖の水面を見ると風の存在がはっきりわかる。
向かい風さえなければ少なくとも2-3km/hスピードアップしてただろう。
帰りも、同じ風向きであれば差引ゼロだが、
夕方になると風向きが逆になり、帰りも向かい風になって、なんか損した気分になることがよくあるね。



ちょっと有名な国道169号・伯母谷ループ橋に入る。
この付近は奈良県の国道でNo.1の景観といってもいいだろう。
DSCN1284.jpg

ループ橋より北方向を見下ろすと、遥か向こうに通った道が見えた。
DSCN1281.jpg
DSCN1285.jpg
ループ橋から内側の山を見ると、通った道(赤矢印)が見える。
この先、道は緑矢印部分をトンネルで貫いて行く。

この伯母谷ループ橋付近は難所で、前後は複数のトンネルで挟まれている。
下から順番に、
伯母谷トンネル(L=445m) → 栗の木トンネル(L=1297m) → 滝の脇トンネル(L=207m) → 伯母谷ループ橋
→ 一ヶ山トンネル(L=440m) → 大獄トンネル(L=1030m)
とトンネルが連続しており、終始4~5%の勾配でサイクリストに辛い道だと覚悟していた。
しかし、実際に走ってみると15-16km/h の速度でスイスイ登れ、
勾配に緩急がなく一定しているためスムーズに登れたようだ。



9時56分 大台ケ原ドライブウェイ(県道40号) の分岐点に到着した。
標高714メートル  68.92km  23.1km/h
DSCN1287.jpg
右に曲がって大台ケ原ドライブウェイに入る。
道なりに進むと、すぐに新伯母峰トンネル(L=1963m) がある。



10時43分 伯母峰峠のトンネルに入る。
標高976メートル  72.72km  21.5km/h
DSCN1288.jpg

伯母峰トンネルと思いきや、大台口隧道と書かれていた。
DSCN1291.jpg
ドライブウェイに入り、勾配は5-10% にアップ。
シッティングのみのペダリング ( 僕はダンシングが苦手 ) なので、一気にスタミナを奪われた。
やはりダンシングをマスターしなきゃだめだな。
頂上までの平均速度 ( ネットの平均速度 ) 20km/h は、なんとか死守したい。



大台口隧道を抜けると、南側斜面になり景色がらっと変わる。  一番向こうに見えるのは大普賢岳1780m
DSCN1295.jpg

南方向の眺め
DSCN1298.jpg

ドライブウェイは、気が滅入るぐらい果てしなく続いている。 緑矢印付近が頂上のようだ。
DSCN1300.jpg
ドライブウェイ入口より6-7キロ地点で、くたばって休憩してると、
オルベアのロードバイクに乗ったおじさんが、丁寧に挨拶をして通り過ぎた。
力強いダンシングで、踏み込む毎にタイヤがアスファルト路面を 『 シャカーン、シャカーン 』 と鳴らしながら蹴っていく。
軽装なので、麓まで車で来てヒルクライムしてるようだが、それを差し引いても凄すぎる。僕はタイヤを鳴らす余力など微塵もない。
この大きな差にショックを受けてしまった。



12時10分 標高1488メートル 82.56km  
サイクルコンピューターの平均速度は19.6km/h と遂に20km/hを切ってしまった。
DSCN1302.jpg
DSCN1303.jpg
一旦、この付近でピークを迎える。 
あとは頂上まで緩やかなアップダウンを繰り返しながら標高差100メートルを登り6キロ走るだけ。

ここを通り過ぎた直後、先程のおじさんと再びすれ違う。
「 お気をつけて 」 と大きな声で爽やかに挨拶してくれたが、
『 頂上に着いて、もう引き返してきたのか!! この差はなんなんだ! 』
と、更にショックを受けてしまった。
おじさんは、ほんといい人なんだが ・・・・・・・・・



12時37分 頂上駐車場に到着した!
標高1572メートル  88.70km  19.3km/h
DSCN1304.jpg

ハンディ・GPS OREGON600 の表示は御覧のとおり。
DSCN1308.jpg

この日は三連休の初日であったが、駐車場は半分ぐらい。 紅葉も既に終わってるので仕方ないだろう。
DSCN1305.jpg

上北山村物産店にて昼飯を摂る。 物産店も11月24日で今シーズンの営業は終了。
DSCN1306.jpg
肉うどん定食を食べた。 体が冷え切ってるので温かいものが、ほんとおいしい。
本当の大台ケ原山頂(1695m) は、ここから徒歩40分程度であるが、
もちろん山頂には行かず、速攻引き返した。

17時48分、無事帰宅した。

◎まとめ
(往路 )
走行距離 88.70km
走行時間 4時間34分58秒
平均速度 19.3km/h
最高速度 48.0km/h

(復路)
走行距離 88.74km
走行時間 3時間31分6秒
平均速度 25.2km/h
最高速度 53.8km/h

本日の総走行距離 177.44km
走行時間 8時間6分4秒
平均速度 21.8km/h
最高速度 53.8km/h

グロスの走行時間は 11時間41分50秒  平均速度 15.17km/h

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

みたらい渓谷・プチツーリング

2014-09-24
Top Page林道ツーリング、サイクリング奈良県
走行日 2014年9月23日



天気のいい秋分の日、奈良県天川村の "みたらい渓谷" へツーリングした。

本日の走行ルート
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=0837782df360c5c841888326583e686b
自宅よりみたらい渓谷へ自走し単純往復した。



午前8時21分、自宅を出発。

約200メートル登り、広橋トンネル前で一息。
DSCN0723.jpg

振り返ると最高の見晴らし。
DSCN0724.jpg
DSCN0721.jpg

こんな所まで民家がある。
DSCN0722.jpg



黒滝茶屋で休憩。 アイスを食べた。
DSCN0730.jpg
DSCN0727.jpg

アマゴ、鮎の塩焼きがおいしそう。
DSCN0725_201409232205543c2.jpg



緩やかな登り坂の長い2本のトンネルを抜け、みたらい渓谷に到着。
DSCN0738_20140923213808a4c.jpg
DSCN0731.jpg
DSCN0737.jpg
DSCN0742_20140923213805a3a.jpg
眩しすぎる太陽光に照らされたエメラルドグリーンの色合いがなんともいえない。



ツーリングマップル関西の18ページに載っている 「 かどや食堂 」 で昼飯を食べた。
DSCN0745.jpg
前々からツーリングマップルに載っているが、今回初めて店に入った。
店舗は何時の間にか改装してるね。

メニューは御覧の通り。 これに消費税がつく。
DSCN0746.jpg
DSCN0757.jpg
ツーリングマップルは 「 とんかつ定食 」 を推奨しているが、
一番高い 「 あまご塩焼き定食 」 を食べた。 あまごは頭からかぶりつけるほど、うまく焼けてる。
コストパフォーマンスはまあまあであった。

14時33分、無事帰宅した。



◎まとめ
本日の走行距離 112.26km
走行時間 4時間31分44秒
平均速度 24.7km/h
最高速度 50.5km/h

グロスの走行時間は 6時間11分28秒  平均速度 18.13km/h

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

護摩檀山今西林道 (奈良県十津川村)(その2)

2014-06-14
Top Page林道ツーリング、サイクリング奈良県
走行日 2014年5月24日



護摩檀山今西林道 (その1)猪笹林道 からのつづき。

護摩檀山今西林道と猪笹林道の合流点から、先日、引き返した18.51キロ地点まで急ぐ。
林道は海抜1100~1200メートル上に位置するので、
シャクナゲの群落を期待したが、この1本しか見つけることができなかった。
RIMG0285.jpg



18.51キロ 
午前10時6分、引き返した地点に到着。
ここから護摩山タワーまで走って護摩檀山今西林道の完全制覇を目指す。
今日は5月2日と違って体調も万全。
スムーズに走れば護摩山タワーに正午過ぎに到着するんじゃないか!
RIMG0286.jpg
先日、ここに停めてあったユンボはない。 どこかの林道整備に出向いているんだろう。

ちょっと先を覗くと、コンクリート舗装の急な下り坂。
RIMG0287.jpg
このコンクリート舗装は100メートルちょっとで途切れる。



19.11キロ 左側には林道でお馴染みの廃車が現れる。
RIMG0290.jpg
RIMG0291.jpg
現行トヨタのロゴマークなので、そんなに古くはなさそう。 ちょっと残念!
しかし車内に落葉が積り、それを肥やしにヒノキ紅葉が生えていた。



20.21キロ 緩やかな直線の登り坂。 ゴロタ石が多くMTBで登るのは辛い。
RIMG0294.jpg



20.77キロ ここも両サイドが新緑に覆われ、緩やかな気持ちいい登り坂なんだが ・・・・・・・・・・
RIMG0297.jpg
RIMG0298.jpg
御覧の通り、拳大以上の石がゴロゴロしている。 ユンボが入った形跡はない。
今日走った護摩檀山今西林道の特長として、林道の両サイドに木が生い茂り、
一見、林道はしっかり残っているように見えるが、
よくよく考えてみると、大雨時に道全体が川になって路面の土が流され石が露出し、
両サイドは木の根が張ってるため崩れにくい。 そして、このような形になったんではなかろうか。
そう考えると、年月が経つにつれ林道はますます風化していくだろう。



21.64キロ 北西側の山々が見渡せたので休憩した。
RIMG0301.jpg

ここも、ゴロタ石多数。 せっかくの下り坂だが万全を期すために降車せざるおえない。
RIMG0302.jpg

今回は、水対策として、さらに通常の75mm径のボトルゲージ ( 赤矢印 ) を新たに増設し、
リュック内にペットボトルを入れないことにした。
RIMG0304_20140531063609b3b.jpg
個人的には、このトップチューブ・ダウンチューブ・シートチューブに囲まれた三角地帯は、
すっきり見せたいが、
水が不足しがちな林道を常々走るので、このままで行こうと思う。



22.91キロ 崖崩れ地帯。 降車して押していく。
RIMG0308.jpg
RIMG0309.jpg
北西側の眺め。



23.35キロ 300~400メートル進むと、林道は西斜面から東斜面に切り替わる。
RIMG0310.jpg
RIMG0313.jpg
東方向は壮大な眺め。
少し南側に向きを変えると、通ってきた林道が見える。



24.35キロ
分岐点。 左に進んでいく。 右に進む林道は国土地理院の地図にも載っていない。
RIMG0317.jpg



25.22キロ
新緑の木々に囲まれたフラットな区間で走りやすい。
今日の護摩檀山今西林道では、このような区間は貴重だ。
RIMG0319.jpg



25.30キロ
またまた崖崩れ地帯。 もちろん降車して押し歩く。
幅員は十分あるのでバイクでも楽勝だが、
万全を期すために自転車同様、押し歩いてほしい。
RIMG0321.jpg



25.79キロ
RIMG0322.jpg
RIMG0323_201405282235086d8.jpg
水溜りには、2センチ大のオタマジャクシが無数に見られた。
数は、1000 ・・・・・・・・・・ いや10000匹以上いるんじゃないか!



25.83キロ またもや崖崩れ。
RIMG0326.jpg
ここから見降ろす谷底は、深いね。
北西側の景色は、広葉樹の新緑と針葉樹の混合林。



26.01キロ 右側の湧き水が滲みでる岩壁からカエルの鳴き声が聞こえる。
RIMG0332.jpg
RIMG0333.jpg
2年前にツーリングした魚梁瀬ダムの最奥地で聞いたカエルの鳴き声と同じだ。

岩壁の穴を穿り返して、ついに幻のカエルを発見。
RIMG0331.jpg
日本のカエル (山渓ハンディ図鑑) によると 『 タゴガエル 』 という名のカエル。
伏流水の中で産卵を行うアカガエル。 人目につかないので、生態はわからないことが多いとのこと。
林道ツーリングにて色々なカエルに出遭うので、ついに買ってしまった。

この本で調べると、先程の水溜りの無数のオタマジャクシは数から考えて、
あの大きなヒキガエルの子供で間違いないだろう。



26.73キロ 100-200メートルの急坂を降りていく。
RIMG0335.jpg
激坂は必ずと言っていいほど、コンクリート舗装されているので今日の状況では走りやすい。



26.82キロ
ここは、稜線のど真ん中に位置する。 両サイドは急斜面で木々が生い茂って気が付きにくい。
RIMG0337.jpg



27.08キロ
崩落地帯。 ユンボが通れば、コンクリート道の底が確実に抜けるだろう。
RIMG0338.jpg



27.71キロ 少し走っては、崩落地帯が連発!
RIMG0340.jpg



28.18キロ 
崩落の連続地帯は終了し、28.0キロ付近より緩やかな登り坂がつづく。 ゴロタ石が多いので乗車するにはツライ状況だ。
RIMG0341.jpg



29.14キロ 分岐点に到着。 左に進んでいく。
RIMG0342.jpg



29.84キロ まだまだ続くゴロタ石の登り坂。 乗車できない。 ひたすら押していく。
RIMG0343.jpg
タイヤ痕は四輪ではなく、すべてバイクの跡。



29.89キロ
向こうに白い車が見えてきた。 トヨタのラッシュじゃないか。
このラッシュは、なぜか??右後輪の空気が完全に抜けており、
今日、護摩山タワーから来たのではなく、しばらくの間放置されてるようだ。
早く動かさないと、取り残されて19.11キロ地点のカローラのようになってしまう ・・・・・・・・・・・・
RIMG0346.jpg
そして御覧の通り、手前は崩落により道幅が1-2メートル程しかない。
ということは、護摩山タワーから4輪が進入できるのはラッシュの止まっている位置までとなる。



30.59キロ 
13時37分、分岐点が広場のようになった場所に到着。
RIMG0350.jpg
標識には、「 高野龍神国定公園 」 と書かれている。

通ってきた道。
RIMG0349.jpg
28キロ地点から続いたゴロタ石の登り坂は、ここにて終了。
正直、参った。 約2.5キロの緩やかな坂を、すべて押し歩いた。 
MTBツーリングにて、程々の押し歩き、担ぎ上げ、それはそれで楽しいが、
これほど多過ぎると憂鬱になってしまう。
自転車にとって、この坂は苦痛以外の何物でもなかった。



30.80キロ 
30.59キロ地点よりユンボが入っているようだ。 乗車してスムーズに走れる。
RIMG0352.jpg
両サイドには短く伐採された丸太が生理整頓され、人の気配を感じる。



31.25キロ コンクリート道の急坂。 問題なくグイグイ登る。
RIMG0353.jpg



31.49キロ 
ヘアピンカーブの登り坂。 ここもしっかりとユンボで固められ気持ちよく登れる。
RIMG0355.jpg
東側を眺めると、3年前に走った奥千丈谷林道が見える。



32.32キロ やっとゲートに到着した。
RIMG0357.jpg
RIMG0359.jpg



32.56キロ この付近にて護摩檀山今西林道の最高海抜地点 ( 1340メートル ) を迎える。
RIMG0361.jpg
先程のゲートより高速ダート化。



33.27キロ
RIMG0362.jpg
木々の間から護摩山タワーが見えてきた。
RIMG0363.jpg



33.96キロ ゴールの護摩山タワーに到着。
RIMG0365.jpg

通ってきた道。
RIMG0366.jpg
到着時間は、なんと想定外の14時16分。
18.51キロ地点で10時過ぎだったので、12時30分迄に着くと安易に考えていたが、
想像以上に道が悪く、押し歩いてしまった。

本日のツーリングにて、ようかん2個、ハチミツは半分の75グラムを摂取。
空腹感に見舞われることなく、  『 高カロリー & 低体積 』  作戦は見事成功した。
RIMG0367.jpg
ハチミツはチョコレートなどと違い、大量に食べても胃がむかつかない。
サイクリング時の、実は隠れたNo.1補給食じゃないかと思わせるほどの効果があった。



15時2分、850メートルの爽快なダウンヒルにて、出発した道の駅・龍神に到着した。
RIMG0369.jpg



護摩檀山今西林道・18.51キロ地点 → 護摩山タワーまでの標高ログ
205_20140602224511380.jpg

護摩檀山今西林道・18.51キロ地点 → 護摩山タワーまでの速度ログ
206_20140602224512e7f.jpg
10キロ~12.5キロ地点まで、あの緩やかな登り坂を平均速度3.5~4.0km/hで押し歩いたことがモロバレ。

護摩山タワー → 道の駅・龍神までの標高ログ
207_201406022245135c0.jpg

護摩山タワー → 道の駅・龍神までの速度ログ
208_20140602224514e5c.jpg



◎まとめ
平成26年5月24日

護摩檀山今西林道の総延長距離 33.96キロ ( サイコン読み )

本日の走行距離 58.06km ( サイコン読み )
本日の走行時間 4時間51分17秒
平均速度 12.0km/h
最高速度 56.1km/h

護摩檀山今西林道は総延長距離 33.96キロ と長く、
特筆すべきところは大半が稜線上にあることだろう。
これほど稜線上を走る林道は他にないんじゃないか!
景色、ワイルド度など、どれをとっても関西No.1であることは間違いないし、
全国でも有数の林道になるんじゃないかな。
見晴らし度でいえば、圧倒的に東側 ( 川津今西林道側 ) であろう。
西側も見晴らしのいい場所はあるが大半は木々に遮られ見晴らしはよくない。
その代わりと言ってはなんだが、木陰が多く、多少の水場はあるので気分的には楽だ。

今日走った 18.51キロ地点より終点の護摩山タワーまで、想像以上の悪路であった。
5月2日に時間切れ、体調不良により引き返したが、ほんと賢明な判断だったと思う。
あのまま突き進んでたらどうなっていただろうか?? ・・・・・・・・・・・・・・・・
特に18.51キロから30.59キロ地点までの12.08キロはユンボが入っておらず、
フラット以外の路面は表面の土が流出してゴロタ石が露出し、
登り降りにかかわらず自転車には辛い。
逆にバイクなら、崩落地帯以外は路肩は木々で固められ幅員は十分あるので、
トルクにものをいわせホイルスピンさせゴロタ石を蹴散らしながら登る技を楽しめるだろう。

この5月24日は、護摩山タワーから18.51キロ地点を単純往復する計画を立てたが、
この悪路を自転車で単純往復するのは並大抵でない。
獲得標高は大きくなったが、結果的に本日走った、
国道371号 → 国道425 号 → 猪笹林道 → 護摩檀山今西林道 → 護摩山タワー → 国道371号
の反時計回りコースでよかったと思う。

護摩檀山今西林道で現時点でユンボが入っていると思われる箇所は、

川津今西林道側起点 ~ 10.41キロ地点 
15.86キロ(猪笹林道合流点) ~ 18.51キロ 
30.59キロ ~ 護摩山タワー

それ以外の区間は崩落地帯が多く、現在も崩落進行中なので通しで通行できるのも後僅かな期間だろう。
危険度はそこそこあるので強くは奨めないが、御興味のある方は護摩壇山今西林道を走られてはいかがだろうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

護摩檀山今西林道 (奈良県十津川村)

2014-05-09
Top Page林道ツーリング、サイクリング奈良県
走行日 2014年5月2日



ツーリングマップル関西の10ページを見ると、
護摩山スカイタワーから東方向に長々伸びていくダートがある。
ダートマニアの方であれば、すでに御気付かれていることであろう。
このダート林道は全線に渡って稜線上を走っており、どう考えても眺めは最高だろう。

僕も前々から、この林道に気付いていたが延長距離が約30キロあり、
自転車で片道なら体力的に走破可能であるが、他人のサポートがない限り単純往復するしかないので躊躇していた。
が、ここ数年で数々の林道を走破し体力的にも自信がついてきたので今回単純往復で制覇することにした。

なお、このダートは、こんなすばらしい林道にもかかわらず正式な名称がついてない。
林道への案内板にならって、当ブログも護摩檀山今西林道と命名して話をすすめていく。

当日の走行ルート http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=e69a94bc0263e7c184417836a3ab438e



護摩檀山今西林道を単純往復するには、
護摩山スカイタワー or 川津今西林道の頂上をスタート地点するしかない。
今回は川津今西林道の頂上からスタートすることにした。

車で、風屋ダム貯水池から舗装路の川津今西林道を約12キロ登ってスタート地点に到着した。
DSC00960_20151128134428c96.jpg
地理院地図によると、標高1123m、北緯34度1分23.52秒、東経135度44分13.28秒

御覧の通り、この先の川津今西林道は資材置場になっており通行止めである。
DSC00961_2015112813443097a.jpg

護摩檀山今西林道の入口には簡易ゲートがあり、何時も開いているようだ。
DSC00962_2015112813443137d.jpg

先々を眺めると、予想通り林道は稜線沿いを走っておりワクワクしてきた。
DSC00963_2015112813442691f.jpg



午前9時4分、林道ツーリング開始。

0.86キロ 林道沿いの至る所にミツバツツジが咲いている。
DSC01062_20151128134427a5b.jpg
低地で見かけるものとは違い、高地のミツバツツジは実に鮮やかな濃い色をしている。



1.85キロ
DSC00966_20151128135155fe6.jpg

通ってきた道
DSC00967_201511281351577da.jpg
木材運搬のトラックが頻繁に出入りして路面は均され走りやすい。

南方向の眺め。 快晴で見渡しは最高!
DSC00964_20151128135154a02.jpg



2.42キロ
振り返ると、川津今西林道の大崩落地点が見える。(緑矢印) 青矢印は出発地点。
ここまでやられるとユンボのみの復旧では到底不可能。 当分通行止め、いや永遠に通行止めかもしれない。
DSC01060_20151128135153c0e.jpg
拡大写真はここをクリック
3-4年前に走った川原桶川林道も大崩落により依然通行止め。
最近、大崩落のダメージを受けた全国各地の林道も同様に放置されている。
国家財政が苦しいので仕方ないが、林道ファンにとってはツライ状況だ。



3.20キロ 三浦峠の東屋に到着。 
DSC00971_20151128135152e60.jpg

東屋前にはハイカー向けの案内板があった。
DSC00972_20151128135656b8a.jpg
熊野参詣道小辺路の地図地理的概要歴史的概要が書かれており街道好きの人なら興味深い内容だろう。

東屋から数十メートル進むと、林道は広くなっており北方向が見渡せた。
DSC00976_201511281356577fd.jpg
DSC00977_20151128135658cd8.jpg
真下に見えるのは、県道733号沿いの三浦という集落。
3年前に奥千丈谷林道を走った際に通った。



3.58キロ 高山の新緑はきれいだ。
DSC00979_2015112813565581c.jpg
黄緑色の新緑に強烈な日差しが透過する色合いがなんともいえない。



4.09キロ
DSC00982_20151128140351ffb.jpg
DSC00983_20151128140353f1a.jpg
今度は西方向が開けてきた。
先々の林道まで見渡せる。 一番向こうに見える尖り帽子の山は鉾尖岳(1319m)だろう。



6.38キロ 大きな山桜の木。
DSC00985_2015112814034841d.jpg
今年僕がお目にかかった桜のなかで一番であった。



7.75キロ 通ってきた道。 この付近は伐採中である。
DSC00989_20151128140349889.jpg

東方向を眺める。
DSC00990_20151128140350e56.jpg
通ってきた林道と、先程の山桜がポツンと見える。



7.89キロ 伐採された丸太が積み上げられている。
DSC00991_20151128140946dec.jpg
頻繁に出入りしているトラックは、この付近より出発している。



8.33キロ ユンボにて道路補修中。
DSC00992_20151128140948d76.jpg

この先、トラックは走ってないがユンボにて路面は均されている。
DSC00994_20151128140945f7c.jpg



9.03キロ この林道の坂道の至る所に、土砂崩れ防止のゴム板が埋め込まれている。
DSC01056_2015112814094607c.jpg
大概、難なくクリアーできるが、稀にタイミングが合わないと転倒しそうになる。



10.41キロ 緑矢印方向に行くと盲腸線の林道。
DSC00995_20151128141440fc0.jpg
地理院地図では複雑な分岐点になっているが、実際には、この分岐点しか確認することはできなかった。
( 僕の見落としであればゴメン )

この先、4輪の走った痕跡はないようだ。



11.14キロ 数少ない水場に到着した。 
DSC01001_201511281414387b7.jpg
当日この林道にて、他にもう一箇所、水場があったかどうか??? はっきり憶えてない。
稜線上を走る護摩檀山今西林道に水場は皆無と考えていいのではなかろうか。

3日前に大雨があったにもかかわらず、チョロチョロ流れるのみであった。
頂上との標高差がないので、直ぐに枯れるだろう。

僕はハイドレーションバックを持ってないのでペットボトルに合計1.5リットルの水を持っていった。
( 大量の水の持参が無難だが、リュックが重くなること、気温を考慮しこの程度にとどめた。 )
ここで、もちろん補給したが夏場なら最低でも3リットル以上の水を持っていかなければならないだろう。
自転車で護摩檀山今西林道を走破するには水がポイントになりそうだ。

通ってきた道
DSC01000_20151128141441b61.jpg
土砂崩れにて道幅が狭くなっており4輪の走行は不可。



11.88キロ 
ヘドロ様の物体が道の真ん中に出没。 大きなカエルだ。
ちょっと調べてみるとコイツは、 『 ヒキガエル 』
日本全国何処にでもいるカエルのようだが僕は初めて見た。
DSC01003_20151128141439204.jpg
ウシガエル大の大きさで、一眼の単焦点レンズで近づいてもピントが合うほど大きい。
人が近づいても全く逃げない。 この辺のカエルは人間を知らないのだろうか ・・・・・・・
すぐ傍には 『 ゲロ、ゲロ 』 と鳴きながら、黒色のメスのカエルをオス2匹が重なって奪い合っていた。
その他 産卵中のカエルもいた。



12.99キロ 崖又山 (1205m) の北側にさしかかる。
DSC01016_20151128142325319.jpg
「 崖 」 の字の如く、崖崩れが激しい。 降車して歩いていく。

通ってきた道。
DSC01017_20151128142327800.jpg



13.35キロ ぐるっと廻って崖又山・北側の崖崩れ地帯も終盤。 この付近も落石が多く道幅が狭い。
DSC01019_20151128142324103.jpg



14.03キロ ここも大崩落地帯。
DSC01045_20151128142312966.jpg

通ってきた道
DSC01049_20151128142311d9b.jpg
今後、この場所にダメ押しの崩落があれば、永久通行止めになるんじゃないか。

ここから見下ろすと谷底まで200-300メートルはありそう。
DSC01052_201511281423125e3.jpg

西側には、この先の林道と鉾尖岳がはっきりと見えてきたが、走っても走っても、果てしなくつづく林道に気が滅入ってきた。
DSC01047_2015112814231495d.jpg
実は、昨晩より風邪にて喉が痛く体調がイマイチ。
体に元気があれば、この景色に感動するんだが ・・・・・・・・・・・・・・・
ある意味、稜線上に水場はなく顔を洗って冷やすこともできないので砂漠のようだ。



15.56キロ 
今度は林道に大木が覆い塞いでいる。
DSC01022_20151128143234cd6.jpg
この地点で、ちょうど奈良・和歌山県境で護摩山タワーまで半分の距離。
体調不良もあり走破は諦め、引き返そうかと考えたが、
とりあえずバイクを担ぎ、タイヤ・ペダルを小枝にバキバキぶつけ突破した。
DSC01024_20151128143236890.jpg
崩落部分の距離は10メートルぐらいだが、現時点、バイクはきついんじゃないかな。

直前までは、引き返そうかと弱気になっていたが、
今シーズン、この地点を通過したのは僕だけかもしれないという偏屈な優越感が芽生え、
もう少しツーリングをつづけることにした。



15.86キロ 猪笹林道との合流点に到着。 左に切り返せば猪笹林道に入り国道425号に抜ける。
DSC01025_2015112814323375e.jpg

逆から見ると、こんな感じ。
DSC01026_2015112814322318b.jpg



16.25キロ 
猪笹林道との合流点より、激坂ではないが急勾配が鉾尖岳までつづく。
ただ路面はユンボで均されているので、頑張れば降車せず登れる。
DSC01027_201511281432240b4.jpg

南方向の眺め。
DSC01028_2015112814322159d.jpg



17.71キロ ずっと前から尖り帽子状に見えていた鉾尖岳の手前に到着。
DSC01030_20151128143223ef6.jpg
間近でみると単なる小山であった。

後を振り返ると鉾尖岳から北東方向に伸びる作業道への分岐点があった。
DSC01031_20151128144103d33.jpg
地理院地図で見ると、この作業道は盲腸線であるが稜線の真ん中を走っており、おもしろそうだ。
バイクなら脚は無限大なので探索するが、自転車の脚は限りあるので、そんな余裕はない。



18.51キロ 
鉾尖岳を通り過ぎて、盲腸線の林道の分岐点に到着した。 
DSC01034_20151128144101b70.jpg

通ってきた道。
DSC01032_201511281441048ea.jpg
この分岐点は広場のようになっている。
ここから最終目的地・護摩山タワーまで10キロ強。
現在の時刻は午後0時46分。
午後2時までに護摩山タワーに着けば、完全往復可能だが写真撮影も兼ねているので絶対無理。
それ以上に風邪にて体調不良のため、体力がない。
無理したら日没までにスタート地点に戻れない可能性大。
思いっ切り未練はあるが、この地点にて完全走破は断念しスタート地点に戻ることにした。



午後4時1分、スタート地点の川津今西林道の頂上に無事戻ってくることができた。
DSC01074_2015112814410393a.jpg



当日のGPSログ
104.jpg

往きの標高データー
101.jpg

往きの速度データー
102.jpg

帰りの速度データー
103.jpg



◎まとめ
2014年5月2日
走行距離 37.02km
走行時間 3時間39分13秒
平均速度 10.1km/h
最高速度 32.8km/h

護摩檀山今西林道は全線に渡って稜線上を走って一見フラットのように見えるが、
想像以上に小刻みなアップダウンがあり、確実にスタミナを奪われる。
また水場は、ほとんど無く、砂漠化しているので自転車にとっては過酷なコンディションだ。
その代わり、景色は最高で今まで走った林道のなかで三本の指に入るだろう。
関西の林道の中では、瀞川氷ノ山林道を押しのけてNo.1になるんじゃないかな。 ( あくまで個人独断の感想 )
現在、崖又山から奈良・和歌山県境まで廃道化が進行しつつある。
ダメ押しの大崩落があれば永久通行止めになりそうな箇所もあるので、
通しで通行できるのも、後わずかの期間かもしれない。

なお、今回は護摩檀山今西林道を完全走破することができなかった。
もちろんこのままでは気持ちがスッキリしないので
夏休みまでの宿題にとっておこうと思う。

猪笹林道 (和歌山県田辺市)護摩檀山今西林道 (その2) につづく

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

名阪国道・天理東ICから福住ICまでの地道を走ってみた

2014-02-20
Top Page林道ツーリング、サイクリング奈良県
走行日 2014年2月11日



名阪国道は西名阪自動車道・天理ICから東名阪自動車道・亀山ICを結んでる一般国道自動車専用道路である。
もちろん通行料は無料であり、免許取立ての若き頃、有料道路を走る金がなかったのでよく走った。
現在も、名古屋・北陸方面に出向く時は安上がりなので名神高速ではなく名阪国道を利用する。
ところで名阪国道は完全な高速道路規格でないため天理東ICから福住ICまで
急カーブ・急勾配を伴ったΩカーブがつづいており、逆にΩカーブによって上りでも下りでも痛快な走りができる。
もうあれこれ通算100回以上走ったが、前々から天理東ICから福住ICの険しい地形にも人が住んでおり、
どんな街並みか興味があったのでロードバイクで走ってみることにした。



詳しい地図 ( クリックすると拡大します )
s_103 - コピー

s_104 - コピー



 天理東IC付近。 この付近で海抜140メートル。 家から自走 ( 30.33km ) した。 複雑な交差点を左折すると地道に入る。
DSC00107_201402172244023d3.jpg



地道は緩やかに登って東方向に伸びていく。 平行して走っているのが名阪国道。
DSC00110_20140217224404968.jpg 
この後、集落を通る道路とバイパスがあるが、僕は集落を通り抜けた。



 直進しても福住ICに抜けれるが、民家のある集落を目指すため左折した。
DSC00113_20140217224405bec.jpg 
左折すると激坂が出現。 15%以上の勾配が名阪国道に架かる橋まで数百メートル続く。
元々ダンシングは苦手なのでシッティングのみで登る。
ロードバイクのギアは、もちろんフロント34T-リア28Tのファイナルロー。
汗をかくと後々体が冷えるので、上ブラケットポジションでハンドル下側に回した小指の腹に力を込め腸腰筋のみで登る。
できる限り大腿四頭筋は使わず体力を温存する。
そうするとサイクルコンピューターの示す速度は 5.1-5.5km/h ぐらいになった。



 名阪国道を跨ぐ橋に到着。 
DSC00119_201402172244072c3.jpg

橋の脇から名阪国道を眺める。 矢印方向が名古屋方面。
DSC00120_20140217224401d2e.jpg 



 橋から少し走ったところで自転車から降り、 名阪国道が見下ろせる崖の淵まで歩き、先程の橋を眺めた。
DSC00123_2014021722450245e.jpg

南側には壮大な第一Ωカーブ ( 最小半径150m ) を見下ろすことができた。
数あるΩカーブの中で一番Rがきつい。
個人的にはバンク角がもう少しあれば走りやすいと思うんだが ・・・・・・・・・・
DSC00125_20140218074801591.jpg
赤矢印は名古屋方面の登板車線。
名阪国道を走ったことがある人ならわかると思うが、
この登板車線には巨大な荷物を積載したトレーラーが黒煙を悶々と吹き上げ、
時速20-30km/h でノロノロ登っていく。
20年以上前、愛車シビック Si 1600DOHCで、
黒煙を吐いてもがくトレーラーを横目で見ながら、
3速6000回転で一気に抜き去り幼稚な優越感に浸ったものだ。



ちょっと走ると完熟した渋柿の木を発見。
DSC00126_20140217224505bd7.jpg 
2−3個食べたが普通の富有柿と同じくらい甘い。
ただ30秒たつと口の中に渋味が残り、やっぱ渋柿だ。




 激坂も終わり、やっと集落に到着した。ここは天理市ではなく奈良市米谷町。 平地はほとんどない。
DSC00131_20140217224459760.jpg

米谷町消防団の前で子供が遊んでいた。
DSC00132.jpg 
この先の道を進むと五ヶ谷IC付近の華やかな旅館街に行くが、せっかくの獲得標高がパーになるので、
右折し福住ICに進んでいく。



 この付近で米谷集落も終わり。
DSC00138_20140217224557631.jpg

西側は今日一番の眺めであった。
DSC00137.jpg 



 高峰橋の下に到着。名阪国道を走っていた時は橋を渡っている雰囲気はなかったが、下から眺めると実に高い。
50メートル以上あるんじゃないか。
DSC00141.jpg
高峰橋の下をロードバイクで走ったのは、後にも先にも僕だけじゃなかろうか。


高峰橋を過ぎると竹薮の雪景色が出現。 日本的というか京都のどこかで見るような光景だ。
この先、所々路面は凍結しており降車を強いられた。
DSC00143_201402172245596a0.jpg 
MTB なら突っ走るがロードバイクのスリックタイヤでは一発で転倒するだろう。


やっと名阪国道と同じラインに出てきた。 道幅狭く軽トラしか通れないんじゃないか。 向こうには福住IC出口・1km の標識があった。
DSC00148_201402172245537e0.jpg 




 左側の標識を見て、ここが桜峠と思ったが、地理院の地図によるとこの先数十メートル先が桜峠のようだ。
峠はなだらかに道路がアップダウンしてるだけであった。
DSC00151.jpg
この付近で最高海抜500メートルになる。 直進すると桜峠を通り過ぎて福住ICに達する。



目的地の福住ICに到着した。
DSC00152_20140217224647270.jpg



◎まとめ
天理東ICから福住ICまでの走行距離 7.33km
走行時間 47分11秒
平均速度 9.3km/h

天理東ICから福住ICまでの地道を走った。
一部、見晴らしの良い場所もあったが見所は少ない。
名阪国道Ωカーブに興味のない人が走ってもあまり面白くないだろう。
ただ通行量は皆目無く激坂も適度にありロードバイクの練習にはピッタリじゃないか。

その後、福住ICから県道186号→県道80号→県道184号→県道47号とジグザグ北上し
JR加茂駅まで行って輪行し帰宅した。
当日は冷え込みが厳しく海抜300メートル以上の区間では至る所で道路が凍結しており、スピードが乗らなかった。
ただ奈良県県北の山間部の道路は道幅は狭いが完全舗装され、交通量が少ないので
暖かくなる5月以降にツーリングするといいだろう。

本日の全走行距離 70.32km
走行時間 4時間1分6秒
平均速度 17.5km/h

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

池郷国有林道(奈良県下北山村)

2013-06-25
Top Page林道ツーリング、サイクリング奈良県
走行日 2013年6月8日



白谷池郷林道の頂上に到着したが、崩落による工事にて下北山村池原には通り抜けできないので
左に曲がって名のない林道へ進んでいく。(赤矢印)
P6081726_20130612214357.jpg
案内板を拡大する。(オレンジ矢印)
P6081782.jpg
地図を見ると、名のない林道(黄色矢印)は池郷国有林を貫いて走っているので、 (クリックすると拡大します)
当ブログでは、この名のない林道を池郷国有林道と呼ぶことにする。

池郷国有林道はここから始まる。持経の宿までの100メートルのみ舗装されていた。
P6081784.jpg
左側の標識を拡大する。
P6081785.jpg



0.12キロ 林道から左側に逸れた場所に持経の宿があった。
P6081735.jpg
フリーの山小屋で鍵はかかっていなかったので見学させてもらった。
P6081739.jpg
おっと、火鉢がある。
P6081737.jpg
想像してた以上にきれいだ。異臭もない。
P6081736.jpg
宿泊代は無料かと思っていたが、ボックスの中に一人当たり1000円入れてくださいと掲示されていた。
でもこの内容なら1000円でも十分満足できると思う。



1.14キロ 白谷池郷林道の頂上より5%ぐらいの下り坂がつづく。
P6081740.jpg

通ってきた道。そこそこの小石はあるが降車せず走れる。
P6081741.jpg



2.36キロ 
沢を渡る。 このあたりで海抜940メートル。
白谷池郷林道の頂上が1060メートルだったので120メートルぶっ続けで降りてきた。
ここで本格的な坂道は終了する。
この後、池郷国有林道は緩やかなアップダウンを繰り返し快適なダート走行を楽しめる。
P6081745.jpg
P6081746.jpg
水量は少なく渓流釣りは無理だろう。



3.43キロ 通ってきた道
P6081749.jpg
路面には所々、拳大の石もあり、まともに踏んでバランスを崩しそうになることもあったが、
なんとか転倒せずに進むことができた。
P6081751.jpg
時々、木々の間から視界が開けてくる。
P6081750.jpg



3.81キロ おっと、グレーチング!!!
P6081753.jpg
2.2インチ幅のMTBタイヤがスッポリはまる隙間だ。
P6081752.jpg
他にも同じ大きさのグレーチングはあったが、すべて隙間は土砂で埋もれていた。
ヤバイのは、ここだけであった。



4.74キロ ここは緩やかな登り坂。
P6081754.jpg



6.06キロ 重機よって、崩れた土砂を両サイドに退け路面が踏み固めてられ高速ダート化している。
P6081759.jpg
普通、林道の奥へ進めば進むほど荒れてくるものだが、ここは逆のパターン。
心細くなるどころか、だんだん興奮してきた。



7.64キロ 砂防ダム前のヘアピンカーブ。
P6081761.jpg

通ってきた道
P6081762.jpg
砂防ダム前の林道は広場みたいになっており、水も豊富なのでゆっくり休憩するのもいいだろう。
P6081763.jpg



8.39キロ さらに大きな砂防ダム前を通り過ぎる。 依然、路面状態良好。
P6081764.jpg
この林道も白谷池郷林道と同様に水場には困らない。
P6081766.jpg
どうして、こんな行き止りの林道が奥まで整備されているのか不思議でならなかったが、
もしかしたら砂防ダムの保守・点検用に維持されているのかもしれない。



9.98キロ ここの路面は崩れた土が踏め固められている。小石もなく走りやすい。
P6081767.jpg



10.38キロ 左90度カーブの手前。ここも林道は広場のように広くなっていた。
P6081778.jpg
北方向の奥には孔雀岳 ( 1779m ) が見える。

孔雀岳を4倍ズームにて拡大。
P6081779.jpg

通ってきた道。
P6081781.jpg
道幅は20メートルぐらいある。



10.46キロ 
ついに崩落地点に遭遇。
擁壁の底がスッポリと抜けている。これも何処かで見たパターンだ。
P6081772.jpg

通ってきた道
P6081771.jpg



10.50キロ 
自転車での走行は難しくなったので、ここに自転車 ( GPSナビも ) を置いて歩くことにした。
P6081773.jpg



100メートル程歩いて ・・・・・・・・・・
P6081776.jpg

さらに100-200メートル程歩いて ・・・・・・・・・・
P6081777.jpg
この付近で池郷国有林道は終点のようだ。



林道終点付近のログ
8887776.jpg
地図上の林道とログは微妙にずれている。
ただログの方は往き、帰りとも、ほぼ重なっており、かなり正確に取れんたんじゃないかと思う。
よってログのほうが正確だと思う。間違ってたらゴメン。



池郷国有林道の行きの標高データー
206.jpg
最初の2キロ余りで海抜標高120メートル下るが、その後のアップダウンは緩やかである。

池郷国有林道の往きの速度データー
204.jpg
写真撮影のため各駅停車状態。

池郷国有林道の帰りの速度データー
205.jpg
ノンストップで行くつもりであったが首が凝ったため1回だけ休憩した。



◎まとめ
2013年6月8日
走行距離 40.69km ( 白谷池郷林道の十津川村側と池郷国有林道の単純往復の距離 )
走行時間 3時間30分51秒
平均速度 11.5km/h
最高速度 31.5km/h

今回は白谷池郷林道の十津川村側と池郷国有林道を走破した。
白谷池郷林道は激坂はなく整備が行き届いており
山間部の険しい紀伊半島の林道の中では走りやすい。
一方、名のない林道、池郷国有林道は海抜1000メートル付近に位置し、
緩やかなアップダウンはあるが全体的にフラットで走りやすく距離も10キロと長い。
中部、関東地方にくらべ標高が低い関西で、このような高地にこれだけの距離のある林道があるのに驚いた。
国道425号から池郷国有林道の最深部まで約20キロと心細くなる距離であるが、
水場もたくさんあるので、じっくり走って高原気分を満喫するのもいいのではないか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

白谷池郷林道(奈良県十津川村)

2013-06-19
Top Page林道ツーリング、サイクリング奈良県
走行日 2013年6月8日



今回は奈良県十津川村と下北山村を結ぶ白谷池郷林道を走ることにした。
当日は空梅雨が1週間以上つづく好天気で、
ギリギリ長袖・長ズボンが着用できる心地いい涼しさであった。
最高のコンディションの中、林道ツーリングスタートする。

当日の走行ルート
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=c836bffea23b7c18aec39c3d2474bd67



奈良県下北山村より国道425号を通って白谷トンネルを抜け、少し降りてきたところに白谷池郷林道の分岐点がある。
P6081676.jpg

反対側から見るとこんな感じ。ここに車をデポしてMTBツーリングを開始する。
いつも通りサイクルコンピューターにて距離を計測する。
P6081675.jpg
周辺地図があったので記録しておく。 (オレンジ矢印)
P6081677.jpg
※クリックすると拡大します。



0.15キロ ゲートを通過する。
P6081678.jpg



1.42キロ 
国道分岐点から、しばらく坂も無くフラットな路面がつづく。
木々に覆われ薄暗いが涼しく気持ちいい。
P6081682.jpg




1.85キロ
分岐点に差し掛かる。白谷池郷林道は直進。この付近で海抜660メートル。
国土地理院の地図では、左折すれば川を渡り、しばらく先にて行き止まりとなる。
P6081685.jpg



2.50キロ 
先程の1.85キロ地点より白谷池郷林道の頂上(海抜1060メートル)まで、5-10%前後の坂がつづく。
P6081687.jpg
路面はご覧のとおり。 北海道の高速フラットダートまではいかないが、結構いいんじゃないか。
P6081688.jpg
29インチMTBの空気圧は前タイヤ25psi ( 1.72気圧 )、後タイヤ27psi ( 1.86気圧 )にセッティングした。
なりふり構わずペダルを踏むと後タイヤが空回りして小石を弾きパワーロスする。
空回りしそうになる寸前に反射的に踏む力を緩めて、6-8km/hで坂を登っていく。
( 今回は空気圧を落としたが、もう少しいけそうだ。次に林道を走るときは、さらに5%ぐらい落としてみようと思う。)



2.85キロ 坂道はつづく。
P6081689.jpg
北方向を見下ろすと渓流が見えた。
P6081691.jpg
4倍ズーム(35mm換算で100mm)で拡大する。
P6081692.jpg
大きな堰堤があり水深もありそうだ。
30センチ級の天然アマゴがいるかもしれないな。
好ポイントだが、ここから降りるのは無理だろう。




3.68キロ 沢の近くで昼飯休憩。
P6081695.jpg
ローソンで買ったパンとおにぎり。 飲料水は沢の水をゲットした。
P6081693.jpg
飯を食ってると、人間の匂いを嗅ぎつけて動物の糞を食べるセンチコガネが飛んできた。
平地では全く見られないが、山深い所に行くと必ずといっていいほど遭遇する。
P6081697.jpg



4.45キロ 少し開けたところに出てきた。
P6081700.jpg
路肩には 「 平成14年度 復旧治山事業 白谷山国有林山腹工事 」 という標識があった。
P6081701.jpg



5.24キロ 伐採したヒノキをトラックに積んでいる最中であった。
P6081704.jpg
ユンボの運転手と目と目が合い、積み込みが中断した隙に通り抜けさせてもらった。



6.17キロ 
P6081706.jpg
北方向を眺めると、まだまだ先まで林道がつづく。
P6081707.jpg



6.57キロ そろそろ給水ポイントも終了かと思って沢に立ち止まる。
P6081708.jpg

山側には砂防ダムがあった。
P6081709.jpg

沢には平地では見られない拳大のカエルがいた。 なんていうカエルなんだろう?
P6081713.jpg
水温が低いせいか動きが鈍く簡単に捕まえることができた。



7.45キロ どんどん海抜高度をあげるが、まだ沢がある。
P6081714.jpg
P6081717.jpg
空梅雨で1週間以上雨は降ってないが水源は豊富だ。
この林道では水に困らないだろう。



8.10キロ 林道改良工事現場を通過する。
P6081718.jpg
これ以外に2・3箇所で改良工事が行われていた。



9.14キロ 頂上に近づいてきたが路面状態は依然良好。 ありがたい。
P6081719.jpg
ここもしっかりと重機が入り踏み固められてる。

通ってきた道
P6081720.jpg
2年前の台風で白谷池郷林道も相当に荒れていると覚悟してきたが、意外や意外、全然荒れてない。
今日は整備された路面と先日のクランク交換のおかげで自転車から降りることなく完全乗車で登れた。



9.89キロ 
白谷池郷林道の頂上に到着。 この付近は国土地理院の地図では海抜1060メートル余り。
ハンディGPS ・ eTrex20 の海抜表示は御覧の通りなので、なんとか±10メートルの誤差の範囲内に収まった。
P6081722.jpg

林道は頂上でヘアピンカーブを描いてるが、切通しになっているので峠の雰囲気はある。
ここを境に十津川村から下北山村にかわる。
P6081726.jpg
白谷池郷林道は右に曲がって下北山村池原に達する。
左へ進めば、名のない国有林道に入る。

御覧の通り、この先の白谷池郷林道は崩落工事による通行止め。
事前にネットで調べたが微妙なので白谷池郷林道の完全走破は諦めた。
通行可能であれば白谷池郷林道と国道425号の壮大な周回コースで走ることができるんだが。
P6081733.jpg

頂上から数十メートル戻って、通ってきた道を振り返る。
P6081728.jpg
道路左側の標識を拡大する。
P6081727.jpg

頂上付近は見通しが効かないので、さらに数十メートル下ると南方向が開けてくる。
P6081730.jpg
遥か向こうに通ってきた林道が見えた。(赤矢印)
一番と奥に見える山は地蔵岳 ( 1250メートル ) 。



白谷池郷林道の登りの標高データー
203.jpg
10%を上回る激坂はなくMTBでは比較的走りやすい林道だと思う。

白谷池郷林道の登りの速度データー
201_20130616083005.jpg
写真撮影、休憩で15回ぐらい停車した。

白谷池郷林道の下り ( 帰り ) の速度データー
202_20130616083001.jpg
ノンストップで降りるつもりであったが、後半、首が痛くなり停車した。



時刻は午後2時前。まだ体力が残っている。
国土地理院の地図によると名称のない国有林道は行き止りであるが、かなり先まで延びている。
s_8887.jpg
赤丸印・・・・・白谷池郷林道の頂上 (現在地 )
赤矢印・・・・・白谷池郷林道

緑矢印・・・・・名のない国有林道

崩落にて途中で引き返す可能性大だが、ダメもとで行ってみることにした。
名のない国有林道の探索へつづく http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-319.html

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

林道篠原線 (奈良県五條市)

2012-05-23
Top Page林道ツーリング、サイクリング奈良県
本日は奈良県五條市の国道168号より県道235号に入り林道篠原線を経て七面谷の奥地を探索する予定であったが、
現地に到着して、五条市大塔町惣谷の県道235号が崩落して通行止めになっていることがわかったため、
迂回路の林道殿野篠原線を通って県道235号と林道篠原線の分岐点まで車で行きデポした。

本日の走行ルート http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=5b7423d3d7c6947cc2ac394382f59f68 



林道殿野篠原線と県道235号の交差点。
右に曲がれば ( ピンク印 ) 県道235号に入り国道168号へ抜ける。
直進すれば ( 赤印 ) 県道235号を経て篠原の集落へ抜ける。
IMG_0752.jpg
茶色印とオレンジ印の看板はこんな感じ。
IMG_0753.jpg
IMG_0754.jpg
ここを出発地点としてツーリングを開始する。



先程の交差点より数十メートル行ったところに県道235号と林道篠原線の分岐点がある。
林道篠原線は右に降りて行く。
IMG_0755.jpg
林道篠原線はここから始まるようだ。一方、県道235号は篠原の集落にて終点となる。
標識が二つあったのでそれぞれ拡大しておく。
IMG_0757.jpg
IMG_0756.jpg



0.57キロ 川を挟んで向こう側に見えるのが篠原の集落。
IMG_0759.jpg
まさしく陸の孤島という感じ。



0.86キロ 通行止めゲート。本年4月5日から7月31日まで通行止めと書いてある。
IMG_0760.jpg



1.86キロ 川沿いを緩やかに登っていく。この時期はとても新緑がきれいだ。
IMG_0761.jpg



2.06キロ 工事現場。崩落した道路を補修中。本日は休みであった。
IMG_0762.jpg



4.89キロ 入谷へ通じる林道との分岐点。簡単なゲートで閉ざされている。
IMG_0763.jpg



5.22キロ 中規模な崩落箇所。自転車を担ぎながら難なく通過した。
IMG_0764.jpg
ここは、積もっている土砂さえ退ければ開通しそうだ。



6.03キロ 橋を渡って左に曲がるとヒウラ谷へ通じる林道がある。
IMG_0765.jpg
ヒウラ谷へ通じる林道は一部、堰堤様になっており水没している。
IMG_0766.jpg
林道篠原線沿いのなかでは、この付近が一番開放感あふれており一番いい雰囲気だと思う。
またキャンプするにもいいだろう。



6.99キロ
ヒウラ谷への分岐点を通り過ぎると、落石が一気に増えてくる。
尖った石が多く、今回は newタイヤを履いてきたので気を遣ってしまう。
数十メートル自転車に跨っては降車しての繰り返しになってきた。
IMG_0767.jpg

通ってきた道。
IMG_0768.jpg



7.84キロ 事前には舟ノ川を渡る橋があると思い込んでいたが、実際には堰堤になっている???
IMG_0769.jpg

流れは速いが水深は10センチぐらい。
IMG_0770.jpg

2007年当時の写真と比べてみると何か様子が違う。
s-IMG_6136.jpg



7.88キロ
靴と靴下を脱いで自転車を押しながら1分かけて川を渡った。
水が非常に冷たく、渡り終えた直後は冷たさで頭がボーっとした。
ちなみにプロトレック ( http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-95.html ) の温度計で測ってみると
水温は10.8℃であった。
IMG_0773.jpg

2007年当時の写真。
これを見ると堰堤ではなく橋のようだ。
昨年の集中豪雨で橋の下の水路が埋もれたんじゃないかな。
kurumadomegeto.jpg

川を渡ると林道の注意書きがあった。
IMG_0771.jpg
IMG_0772.jpg
七面山登山口までは3.8キロとのこと。



8.11キロ 舟ノ川を渡ると林道の勾配は増し、さらに落石著明になる。
IMG_0774.jpg



8.71キロ 崩落箇所。
IMG_0775.jpg

さらに近づいてみると ・・・・・・・・・
IMG_0776.jpg
人が歩いた跡が僅かに残っている。
徒歩のみであれば十二分に注意すればなんとかなりそうだが ・・・・・・・・・・
自転車を担いで行くにはヤバそうな感じ。
天気もイマイチで、落石にもウンザリしていたので引き返すことにした。

下に落ちれば50メートルぐらい滑り落ちそう。落ちたら単なるケガでは済まないだろう。
IMG_0777.jpg

通ってきた道を振り返る。
IMG_0779.jpg

見上げると、鮮やかな新緑なんだが ・・・・・・・・・・・
IMG_0778.jpg



◎まとめ

走行日  平成24年5月4日
走行距離 17.48km
走行時間 2時間2分14秒
平均速度 8.5km/h
最高速度 29.7km/h

紀伊半島の林道にしては、林道篠原線はそこそこ開放感のある渓流沿いの道で十二分に森林浴が楽しめる。
現在0.86キロ地点より先は通行止めで、その先は工事中であるが
素人目にはヒウラ谷分岐部までは開通させてくれるんじゃないかと思えた。
ヒウラ谷より先は、ご覧のとおり道路の損傷が激しくこのまま廃道になる可能性が高い。
奥へ行くほど広葉樹が多くなり雰囲気がよくなるので是非温存していただきたいが ・・・・・・・・・・

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

北股林道 ( 林道北股線 )

2011-10-19
Top Page林道ツーリング、サイクリング奈良県
走行日 平成23年10月10日  北股林道( 奈良県川上村 )



以前より奈良県の山奥に北股林道があるのは知っていたが、
このサイト http://www1.kcn.ne.jp/~nazka/kitamata.htm  を見てから俄然好奇心が沸いてきた。

『 終点は一体どんなとこなんだろうか?? 』

単にそれだけの理由で探索することにした。



今回の走行ルート
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=59373246bab9c51178955e3a1542d333

国道169号を南下して道の駅 「 杉の湯川上 」 の手前にていきなり崩落してるではないか!!
300-400mの高さからガケ崩れして国道をあっさりと飲み込み、遥か下の谷底で土砂ダムを形成していた。
もちろん先月の台風の被害であり、パッと見た感じ国道の復旧は数ヶ月以上を要するんではないかと思った。
たまたま迂回路があったので、その先の通行は可能であったが交互通行なので少なくとも15分はロスした。
その後はスムーズに走行して例のサイトと同じく入之波大橋の手前で車をデポした。
R0015646.jpg
ここからMTBで出発しサイクルコンピューターで距離を計測した。



1.05キロ まず大迫ダムのバックウォーター沿いに県道223号を走った。
R0015647.jpg
台風12号から1ヶ月余りしか経ってないのにダムの水は減っていた。



2.56キロ この付近でバックウォーターは終わり。
R0015648.jpg
青印は北股川に架かる林道コウギシ線の橋。赤印はこれから通る本沢川に架かる二乃股橋。
手前のガードレールの下で北股川と本沢川が合流する。



2.67キロ 県道223号は右折。北股林道は左に曲がる。
R0015649.jpg

左に曲がると先ほど見えた二乃股橋がある。
R0015650.jpg

橋から本沢川を覗いてみた。 ( 上流側 )
R0015653.jpg
きれいな色をした水であった。ただ、ぱっと見た感じ、魚のいる気配はなかった。



2.76キロ これは先ほど見えた林道コウギシ線の橋の入り口。
R0015654.jpg



3.07キロ ここからダートかなっと思ったが、すぐ奥に砂利の採取場があった。
R0015655.jpg
ダンプカーが砂利をこぼすので道がダート様になっているんだろう。



3.46キロ 右に曲がれば奥玉谷に入っていく。
R0015656.jpg



4.49キロ この橋を渡って右に斜めバック(オレンジ印)するように橋を渡れば三之公へ行く。
それにしても変則的な丁字路だな。
R0015658.jpg
登山道へのアプローチ道としては、北股林道より三之公への林道のほうがメジャーなようだ。



4.53キロ いきなり通行止め!
R0015659.jpg
あれ?? 事前に得た情報ではもっと先ではなかったんじゃいの ・・・・・・・・・・



4.90キロ おっと!! 杉の大木で林道が塞がれている。どうしよう ・・・・・・・
R0015660.jpg
これも先月の台風のせいだろう。

もうちょっと進むと ・・・・・・・・・・

道路に土砂は崩れてきておらず、数本の大木が覆いかぶさっていた。
向こう側の木を超えればなんとかなりそうだ。
R0015661.jpg
木で覆われてる部分は距離にして20メートルぐらいだろうか。
歩行のみであればなんとかいけそう。
しかしMTBがあるのでどうしようか。
できる限り負担を少なくするために、先にリュックサックとシートポストを運んだ。
そして次にMTB本体を木の幹の上に持ち上げたり幹の下に潜らせたりして通過した。
時間にしたら15分ぐらい費やした。



5.14キロ もうこの先は歩行者天国。この先は落石、倒木が至るところであった。
R0015662.jpg



6.37キロ 車が通らないので落ち葉が溜まりまくり。
R0015664.jpg
でも落ち葉をシャリシャリ潰しながら走るのは気持ちいい。
時々、落ち葉の中に拳大の石が隠れているので調子に乗って飛ばすとえらいことになりそうだが ・・・・・・・



7.17キロ ちょっと開けたところで写真を撮った。
R0015665.jpg
この付近では北股川は50mぐらい下を流れていた。



7.22キロ この林道沿いには至る所で小さな滝があった。
R0015667.jpg



7.74キロ ここからダート。こんな奥まで舗装されているのには驚いた。
R0015668.jpg



8.13キロ この辺りは緩斜面の登りなので路面状態はいい。
R0015669.jpg
一方、急斜面は道の一部が雨水によって筋上にえぐられている箇所が多く降車せざるおえなかった。



8.98キロ 家に帰ってから気がついたが、例のホームページもこの場所で写真を撮っていた。
あちらのホームページの方がいい写真だ。
R0015670.jpg
R0015671.jpg
山側には比較的大きな滝があった。



9.42キロ しばらく谷底に遠ざかってた北股川であるが、この付近から林道の傍を流れていた。
R0015672.jpg



10.80キロ この場所も大雨が降ると川になるんだろう。
R0015674.jpg



11.05キロ ここまで上流に来ても北股川は川幅・水量とも豊富であった。
R0015675.jpg



11.12キロ 一つ目のトンネル。ご覧の通り素彫りであった。
R0015676.jpg
高さが6メートル以上あるのでトンネルというよりは巨大洞窟の雰囲気であった。



11.55キロ 看板の下側に 「 この先、2キロで通行止め 」 と手書きで書いてあった
R0015677.jpg



12.78キロ 二つ目のトンネル。トンネルの壁はトタン板が貼り付けられていた。
R0015679.jpg
トンネルには 「 北股トンネル 」 と書いてあった。



13.12キロ 崩落地点が近いのはわかっていたので、ここで昼飯休憩した。
R0015680.jpg

これまでは、プレートが剥がれている橋が多かったが、この橋はしっかりと付いていた。
R0015682.jpg
「 曽野谷橋 」 と書いてあった。



13.55キロ 前々からある崩落地点に到着した。
R0015683.jpg
矢印部分が窪んでおりMTBを運びながら、そのまま通ることはできない。
一旦、右側の川のほうに下りて回り道すればなんとかなりそうだ。
だがMTBを連れて行けたとしても、その先どれくらい跨げるかわからない。
いろいろと考えた結果、ここにMTBを置いておくことにした。
MTBシューズなので歩きにくいが、その先は徒歩で目指すことにした。

MTBがないので残念ながら距離は計測できない。
代わりに到着時間を記録することにした。
終点まで休憩無しで歩いた。
常に片手にカメラを持っているので撮影するためのロスタイムも5秒ぐらいであった。



崩落ポイントは、土砂を崩しながら矢印の場所を歩いた。
R0015684.jpg
12時49分 崩落地点を後にして出発した。



12時55分 矢印は本来の林道があったと思われる場所。
R0015686.jpg



13時00分
R0015688.jpg
この辺りまでは、自転車で走れそうな部分も所々あったので
『 やっぱりMTBを連れて行けばよかったかな。 』 と未練がましく思うこともあった。



13時4分 矢印は池木屋山 ( 1396m ) だと思う。
R0015689.jpg
今日は晴れていたが薄くガスがかかっており写真はイマイチであった。
11月初旬に来れば紅葉もきれいだろうな。



13時9分 工事内容の看板は何箇所かあったが 「 林道北股線 」 と書いた標識は見当たらなかった。
R0015690.jpg



13時12分
R0015691.jpg
この辺りで 『 やはりMTBを連れて行かなくてよかった 』 と確信に変わった。



13時13分 道の土部分が流失して岩盤むき出しの状態。岩の上を歩いてるのと同じ。
R0015692.jpg
でもシングルトラックの登山道を歩くよりペースは速い。



13時14分 ここも要壁周囲の土砂が流失していた。
R0015693.jpg



13時18分 頂上は池木屋山と赤倉山の間の稜線だろう。
R0015694.jpg



13時21分 要壁の下にはポッカリ穴が ・・・・・・・・・・
R0015695.jpg
R0015696.jpg
反対側から見ると穴の開いたバケツのように、要壁の下から林道の土砂が流失していた。

幅30センチ程の要壁の上を歩けば一番スムーズだが、さすがに怖い。
手堅く緑ラインを歩いた。



13時27分 林道の終点に到着。崩落ポイントからここまでの所要時間は38分であった。
念のためその先に崩落した道があるか探したがなかった。
R0015697.jpg
R0015699.jpg
行き止まり地点の右側には砂防ダムがあった。
なお帰りは、終点から崩落ポイントまでの所要時間は34分であった。



◎まとめ
平成23年10月10日
走行距離 27.09km
走行時間 2時間19分54秒
平均速度 11.6km/h
最高速度 31.6km/h

やはり北股林道も登れば登るほど見晴らしはよくなる。
下の方は見晴らしは良くないが北股川の渓谷美が堪能できる。
紀伊半島の林道にしては針葉樹が少なく広葉樹がメインなのもいい。
無名の林道ではあるがビューポイントが多くお薦めしたい林道である。

あいにく道路状態は年々悪くなる一方で終点に近い崩落ポイントより上は廃道化している。
崩落ポイントから終点までは距離が計測できなかったが、
徒歩の分速はせいぜい 50-60m なので2キロぐらいじゃないか。

4.90キロ地点での倒木、ちょっと致命的かな ・・・・・・・・・
素人目には、道路は崩落してないので木をチェーンソーで切って
クレーンで取り除けばなんとかなると思うんだが。
もう1ヶ月以上この状態なので再開通の見込みはないのかな?

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

奥千丈谷林道 (奈良県十津川村)

2011-07-11
Top Page林道ツーリング、サイクリング奈良県
平成23年7月2日走行 奥千丈谷林道(奈良県十津川村)



本日の予定は、国道168号と県道733号との交差点を出発して、
県道733号を経て奥千丈林道を走り護摩壇山を往復する。
本日のルートは、 http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=c806602cfd8396627a28dafae20c27ff



国道168号と県道733号の三叉路。 大阪方面から来ると川津トンネルを抜けたところ。
ここを右に曲がって県道733号に入る。
R0014531.jpg
川津トンネルの手前の小道を右折しても県道733号に合流する。



0.74キロ 旧川津大橋。 一部破損して通行止めのようだ。
R0014532.jpg



1.15キロ こちらが川津大橋。 風屋ダム貯水池を渡る。
R0014533.jpg



3.02キロ 「 白口の水 」 で水分補給。 そんなに冷たくなかった。
R0014534.jpg



6.20キロ 神納川を渡る。
R0014535.jpg
この橋を渡った直後に川岸に降りれる道があった。
ここの川岸に車を止めて、自転車で護摩壇山を往復し、帰りに水浴びするのもいいんじゃないか。



7.65キロ 「 三浦 」 という集落内のバス停。
R0014536.jpg
飲み物の自販機はこの集落内で終わりのようだ。 ただこの先は至るところで天然水がゲットできる。



8.21キロ 平維盛の墓があるようだ。
R0014537.jpg
アップダウンを繰り返して出発地点から8キロ余り走ったが、あまり海抜高度は変わらない。



10.30キロ この辺りから徐々に高度を上げていく。 東方向に向かって撮影した。
R0014538.jpg



13.84キロ ここまでは薄暗い針葉樹の森の中を走ることが多い。 逆に日差しが強い時は心地いいだろう。
R0014539.jpg
R0014540.jpg
道端にはコケが生き生きと生えていた。



14.76キロ ここより県道733号から奥千丈林道にかわる。
R0014542.jpg
R0014543.jpg
この標識の10m先には開閉式のゲートがあった。 もちろん本日は開いていた。



16.07キロ 奥千丈林道に入ってからは視界が開けてくる。 そして木々は針葉樹から広葉樹メインに変わる。
R0014544.jpg



18.10キロ 平維盛の墓より、ずーっと上り坂で、ここで一旦頂上にさしかかる。
R0014548.jpg
R0014549.jpg
東方向を撮影。 通ってきた道を眺めるのは気持ちのいいもんだ。



21.00キロ 東又谷に架かる橋。せっかく高度を稼いできたのに先程の頂上からここまでは下り坂だ。
R0014550.jpg
御覧の通りU字カーブを描きながら奥千丈谷林道は続いていく。



23.94キロ 東又谷から緩やかな坂を登り再び下ってこの橋に到着。
R0014553.jpg
ここから怒涛の登り坂が始まる。



26.31キロ ずーっと上り坂が続いていく。気が滅入る。
R0014554.jpg



27.99キロ 稜線上に近づいてきたので、そろそろ水汲み場もなくなるかなと思い給水した。
R0014556.jpg
実はこの先の29.99キロ地点に最後の水汲み場があった。
R0014555.jpg
南方向に向かって撮影。



30.74キロ 最近、再舗装されたようだ。 路面状態はすごくいい。
R0014557.jpg
R0014558.jpg
南東方向に向かって撮影。

31.30キロ付近で稜線上 ( 海抜1200メートル ) に達する。
そこから護摩壇山まで適度なアップダウンを繰り返していく。



33.61キロ ずーっと向こうに護摩山タワーが見えてきた。 
R0014560.jpg



34.85キロ イタツゴ奥千丈谷林道との合流点。 ( 矢印方向がイタツゴ奥千丈谷林道 )
R0014561.jpg
今日は雨上がりで濃霧だ。 5月15日に訪れた時とは大違いだ。
http://dts3800.blog117.fc2.com/blog-entry-187.html



38.52キロ 奥千丈谷林道の終点、高野龍神スカイライン(国道371号)との合流点に到着。
            左折すれば護摩山タワー、右折すれば高野山方面。 
R0014562.jpg
この撮影ポイントのすぐ後に開閉式のゲートがあった。



39.26キロ 高野龍神スカイラインを少し走り、護摩山タワーに到着。
R0014563.jpg
R0014564.jpg
本日は土曜日であるが駐車場の車は少ない。 この天気だから仕方ないだろう。
ちなみに自転車は一台も来なかった。
向こう側には稜線上に走る奥千丈谷林道が見える。

ここまでの走行距離は39.26キロ。 平均速度11.5キロ。 走行時間3時間24分。
獲得標高1500mはキツイよな。 自転車を押さなかっただけでも収穫か・・・・・。

今日は奮発して天空プレート(1500円)というメニューを頼んだ。
R0014565.jpg
きれいな盛り付けに見惚れてしまった。 もちろん味もいい。



◎まとめ
平成23年7月2日
走行距離 78.18km
走行時間 5時間46分38秒
平均速度 13.5km/h
最高速度 38.1km/h

県道733号・奥千丈谷林道とも、もちろん完全舗装路であり、
路面状態は極めてよくロードバイクの高圧タイヤでも超快適に走行できる。
また獲得標高1500メートル程あるので健脚の人でも満足していただけるだろう。
ただ県道733号から奥千丈谷林道に進むにしたがって
U字溝のふた(グレーチング)が至る所で破損、脱落しており、坂を下るときには要注意である。
真夏は、平野部でのサイクリングはできたもんじゃない。
ぜひ今夏は、多少涼しい奥千丈谷林道でロードバイクで走ってみてはいかがでしょうか!!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.