我流かもしれないMTB整備と林道ツーリング

林道ツーリングとMTB・ロードバイク整備の個性的な日記です

シマノ新型ディスクブレーキのエア抜き

2013-08-30
Top Page29インチMTB コンポーネント
シマノのディスクブレーキは、
3年前に発売されたXTR ・ 980系より “じょうご” を使ってエア抜きをするタイプになり、
その後に発売された下位コンポーネント ( XTでは780以上、SLXでは666以上、DEOREでは596以上  )
も同じタイプになった。
一方、それ以前のコンポーネント ( XTRでは975以下、XTでは775以下、SLXでは665以下、DEOREでは595以下  )  
では、 “じょうご” は使わずにブレーキレバーのリザーバータンク蓋全体を外すタイプであった。

・・・・・ ということで当ブログではXTRでは980以上、XTでは780以上、SLXでは666以上、DEOREでは596以上を
“シマノ新型ディスクブレーキ” 、それより前のブレーキを “旧型ディスクブレーキ” と呼んで話を進めていく。



我が29インチ・MTB、TREK Superfly AL のブレーキは DEORE BR-M596。
最近、 DEORE 615系が出たので型落ちになってしまった。
ここ数年、シマノのモデルチェンジのサイクルも早くなったような気がする。
ブレーキの効きは全く問題ないが、先日ゲットしたスモールパーツを試すためエア抜きすることにした。



きっちりと作業するため車体からブレーキを取り外した。
右レバーが前ブレーキ、左レバーが後ブレーキという標準的なタイプ。
P7152090.jpg
ブレーキホース長を測定しておく。接続部分は含めず、あくまでホース露出部分で測定した。
フロント79センチ、リア128センチであった。
ちなみにフレームは17.5インチ ( 29インチMTB ) でホリゾンタル長602ミリ。



パッドを外して中性洗剤で洗浄した。
P7152091.jpg
P7152092_20130730072543.jpg
このタイプのパッドはチョボ ( 赤矢印 ) が付いているので、交換した際に左右入れ違うことはない。
ただ前後ブレーキのパッドが入れ替わると音鳴きの原因になる可能性も少なからずあるので、
念のため油性ペンで 『 “F” “ R” 』 と印を付けといた。

※参考記事 ディスクブレーキの音鳴きについて



ブレーキレバーを握ってキャリパーのピストンを一杯に押し出し中性洗剤で洗浄した。
どうせ汚れるが、きれいにすると気持ちのいいもんだ。
P7152093.jpg



メインテナンススタンドがないので、余ったパーツでこんなものを作ってみた。
コイツをエア抜きの台に使用する。
P7152086.jpg



2年前に買ったミネラルオイル。 容量1リットルなので少々使っても減らない。
これだけあればエア抜きに惜しみなく注入できる。
P7152095.jpg



キャリパーにパッド用スペーサーを押し込む。
P7152094.jpg
今回はプラスチックのヘラを使ってピストンを戻したが、大変苦労した。

後で思いついたが、
あらかじめビニールチューブとビニール袋をキャリパーに取付け、
ブリードニップルを先に開放したら、ピストンは簡単に戻せるかもしれない。
次回ブリーディング時はやってみよう。



ブレーキレバーをハンドルに取り付ける。
P7152096.jpg



整理棚を利用しエア抜きを開始した。
赤矢印がブレーキレバー。 緑矢印がキャリパー。
P7152097.jpg



ハンドル側      工具箱の重みで逆側のハンドルを押さえる。
P7152099.jpg



キャリパー側
P7152100.jpg
キャリパーのブリードニップルにビニールチューブを差し込む。
耐寒チューブと透明のビニール袋の組み合わせは非常に作業しやすい。
あと流出したオイル量が把握しやすいように、あらかじめビニール袋を空気で膨らましといた。



ブレーキレバー上のブリードスクリューのネジを取り除く。
P7152102.jpg
旧型ブレーキのブレーキレバーは、
ブリーディングの際、ブレーキレバーのリザーバータンクの蓋全体を外さなければならなかった。
それに比べ新型はリザーバタンクの上にある小さなブリードスクリューのネジを取り除くだけでいい。
これだけでもオイルで汚れる機会が減るだろう。
R0011381.jpg
※参考写真 旧型ブレーキのリザーバータンク。蓋を外したところ。
         クリックすると拡大します。









ブリードスクリューを取り除いた穴に、じょうごをねじ込んで取り付ける。
P7152105.jpg
※写真ではオイルストッパーが逆に差し込まれているが、
マニュアルによればオイルストッパーを差し込まなくてもいいとのこと。



今回、やりたかったことは新型ブレーキのエア抜きともう一つ ・・・・・・・・・・・・

マニュアルには最初に注射器を使いブリードニップルからオイルを注入しエアを抜けと書いてあるが、
この作業を飛ばすことができるかどうか確認したかった。
25er5256.jpg   



じょうごにオイルを注入する。
P7152106.jpg
オイルは最大20cc ぐらい入る。
旧型のリザーバータンクは10cc 弱しか入らなかったので、誤って溢れさせたものだ。
また、じょうご本体は半透明のプラスチック製なので、
じょうごの真上から覗くことなく横からオイル量が確認できて作業がはかどる。



以上準備が整いエア抜きを開始する。
まず キャリパーのブリードニップルを開放してエアとオイルを流出させた。
この段階でエアはほとんど出ずオイルのみ流出したため、一旦、ブリードニップルを閉じた。
そしてブレーキレバー握り離しを数回繰り返すとじょうご内のオイルに空気が抜けてくる。

その次の手順としてマニュアルには、

『 ブレーキレバーを握った状態でブリードニップルを瞬間開け閉め(約0.5秒間)してキャリパー内の気泡を排出させます。 』

と書いてあるが、
実行するには他の人に手伝ってもらわないと無理なこと、
過去に旧型ブレーキでこの方法を実行したがエアが一つも抜けなかったこと、
以上2つの理由で、この手順もパスした。


結局、行った手順は、

じょうごにオイル注入 → ブリードニップル開放 → ブリードニップルよりオイル流出 → ブリードニップル閉じる → ブレーキレバー握り離しを繰り返して、じょうごよりエアを抜く

この方法のみ3回繰り返した。
この方法が繰り返せれるのもミネラルオイルが大量にあるのでなせる技だと思う。
結局、前ブレーキに20cc、後ブレーキに30cc 消費した。
また作業中はどうしてもキャリパー側に目線が行きがちなので、ブレーキレバー側まで注意が行きにくい。
旧式タイプのエア抜きの時は、キャリパー側に集中し過ぎてリザーバータンク内のオイルが空になりエアを吸って、
作業が一からやり直しになったものだ。

半透明のじょうごは下からオイル量が確認できるので、そのようなミスを防げて便利だ。

エア抜きを終え、じょうごにオイルストッパーを突き刺して栓をした。
そしてじょうごをブレーキレバーから取り外し、余ったオイルをミネラルオイルのボトルに戻した。
最後にブレードスクリューを閉じて作業を終了した。
結局、前ブレーキはじょうご内に結構な量の空気が抜けた。後ブレーキは、ほとんど空気が抜けなかった。



作業後、ブレードスクリュー(赤矢印)からはオイルが滲み出なかったが、
リザーバータンクを構成しているパーツの継ぎ目(緑矢印)からオイルが滲み出た。
P7202151.jpg
新型ブレーキはブリードスクリューのネジを外すだけなので、
エア抜き直後のオイルの滲みはないだろうと想定していたが、
リザーバータンクの蓋全体を外さなければならなかった旧型ブレーキと同じように
リザーバータンクの継ぎ目からオイルは滲んだ。
旧型のブレーキレバーはツヤ消し塗装なのでオイルの滲みがわかりやすかったが、
今回のブレーキレバー(BL-M596)はボディの下半分(紫矢印)がツヤ塗装なので、
オイルが滲み出てきたかどうかわかりにくい。
オイルの滲みは1週間ほどで完全に収まり、その後、問題ない。



エア抜き直後のブレーキのタッチは変わらなかった。
もともとタッチは悪くなかったから、こんなものだろう。
あとブレーキの音鳴きも一切なかった。
今回はパッドを前後左右、全く同じ場所に戻したので音鳴きは発生しなかったんだろう。
きっちりと前の学習効果が生きた。

今回は、じょうごを使った新型ディスクブレーキのエア抜きを体験した。
マニュアルの手順を2つ飛ばし、少し我流チックな方法でやったが問題なかった。
次に機会があれば、全くオイルの注入されてないキャリパーとブレーキレバーでできるかどうかやってみたい。
新型ディスクブレーキになって “じょうご” と “オイルストッパー” という余分な道具が加わったが、
これらの道具のおかげで、旧型ディスクブレーキにくらべエア抜きが随分スムーズになり、
オイルで汚れる機会も激減した。

メインテナンスの煩わしさでディスクブレーキ導入を躊躇っている人にとっても、
メインテナンス情報が豊富に出回っており、
新型ディスクブレーキでメインテナンスしやすくなったので、
シマノディスクブレーキの導入に踏み切られてはいかがだろうか!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かった、あるいは参考になった方はポチっとお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私のディスクブレーキは機械式なんで、すごいなぁ~って見てました。
やっぱり愛機を大事に使っていくためにはメンテナンスの最低限度の知識は必要ですね!
また機会があれば整備の模様をアップしてください~!

めがねカッパさんへ

こんばんは。
いやー、そんなにすごくないですよ!
シマノの説明書の通り、コツコツやるだけですから。
たぶん、1回やれば、油圧ディスクに対する不安はなくなると思いますよ!
アンセムの大改修工事も終わったみたいですし、これから半年-1年間はMTBの整備本、他の人のブログで油圧のメンテナンスをボチボチ眺めて、自信がついたら思い切って導入というのもいいんんじゃないでしょうか!

勉強になりました。

こんにちは、とても解りやすいブログで拝見させてもらいました。
僕のMTBは未だM775(旧XTです)。
新型に変えようか迷って「エア抜きどうやるんだろう??」と疑問に思ってましたが これで解決しました、有難うございます。

ここまで細かく作業工程をレポートしてあると
とても助かります。

ミネラルオイル1リットル購入しましたか、
やっぱりそっちの方が
20ミリリットルより割安ですね  しかもエア抜き作業を惜しみなくできますね オイルの方もピンク色で劣化も無いんですね
では


 

ねおさまへ

どうもこんにちは。
いいじゃないですか!
僕もXTのブレーキ、一度は使ってみたい。o(^^o)(o^^)o

お役に立てて丁度よかったです。
今回の記事は、そもそもブリーディングを一から説明したものではなく、シマノの旧型ブレーキとの対比で話を進めました。
新型になってブリーディングはやりやすくなってますが、唯一の懸念材料は、じょうごとオイルストッパーの小さなパッキンが経年劣化しないか不安です。
とりあえずZiplocに入れて保存しておきましたが、大丈夫でしょうかねー。

これも、ねおさんに指摘されて気付きました。
確かにピンク色のままですね。
ということは劣化なしということですね。
このオイルは2011年1月14日にウイグルから送られてきてますので少なくとも2年半は経過してます。
あと写真に写っている白いキャップの内側に、さらに密封キャップがあり、開けるのには手間がかかりますが、できる限り空気に触れないようにしてるのがいいのかもしれませんね。

ところで、ねおさんは775のブレーキを自分でブリーディングしたことがありますか?
もしあれば教えていただきたいんですが、ブリーディングしてから1週間以内にリザーバータンクの蓋のつなぎ目からオイルが滲みますか???

ブレーキについて

どうもどうも
XT(775)の性能はいいですよ 未だ現役です
ですから・・・買い替えできないんですよね~
シマノは
フリーストローク、レバーの位置調整ができていいですよ
ヘイズから組み替えた時は感動しました。
ただ御存知かもしれませんが、シマノの775 ・SLX・デイオーレキャリパーの方が問題ありの商品で、
775タイプのキャリパーは、頻度にもよりますがピストンからオイル漏れが発生します。
シマノの方もどうしても構造上ゴムの劣化から漏れるとのこと
ただ微量ですけどね 基本シマノの商品は若干ピストンから
オイルが滲みます
山を下り、パットだけ外し、パットの外側(ピストンに当たる部分)にうっすらオイルが滲んでます 漏れてくると注意です。
ただ通常の走行には支障はないです。 
友人も僕もやられました オーバーホールしてシリコングリスを塗り
たかったのですが駄目でした。

エア抜きの時、キャリパーのピストン部にミネラルオイルがどうしても付いてしまいますが中性洗剤で拭くかウエスで拭いて放置
することを勧めます。注意してください。市販でデイグリーザーは
絶対に使わないと事を強く勧めます。

>じょうごとオイルストッパーの小さなパッキンが経年劣化しないか不安です。
とりあえずZiplocに入れて保存しておきましたが、大丈夫でしょうかねー。

おそらく大丈夫だと思います。乾燥・直射日光に当たらなければ
良いはずです ゴムとプラスチック違う材質ですがゴムが伸びきってなければ大丈夫です。

>このオイルは2011年1月14日にウイグルから送られてきてますので少なくとも2年半は経過してます。
あと写真に写っている白いキャップの内側に、さらに密封キャップがあり、開けるのには手間がかかりますが、できる限り空気に触れないようにしてるのがいいのかもしれませんね。

2年もこのピンク色なら大丈夫ですね ミネラルオイルだからこそ
かもしれません。 ヘイズやマグラのDAT系のオイルだと駄目かもしれません。 攻撃力(酸化速度)がものすごいです。

>ところで、ねおさんは775のブレーキを自分でブリーディングしたことがありますか?
もしあれば教えていただきたいんですが、ブリーディングしてから1週間以内にリザーバータンクの蓋のつなぎ目からオイルが滲みますか???

ブリーテイング経験あります。下手ですが(^_^.)一応1年に一度ぐらい湿度の低い冬にやります。完全オイル交換です
あと気が向いたときエア抜きです 極力湿度を下げます
夏ならドライのエアコンをかけて室内でやります
リザーバータンクの蓋のつなぎ目から オイル滲みは過去2回だけ
ありました。

御存じだとおもいますが
厳密に言いますと僕のオイル交換時タンクにはいっぱいにオイルを入れエアを抜き、最後に蓋をするのですが
蓋側にもたっぷりオイルをつけて
ゴム蓋・カバーをするので最後のビス止めする時、
蓋からオイルが当然のように滲みます 漏れるぐらいです。
その後クリーナーでオイルを拭いてます。
その後オイル滲みは無いです。
僕が気づいて無いのかもしれませんが・・

滲むのはパーツの劣化時だけでしたよ 
オイルチェックを年に2・3回タンクを開けてチェックするので
この時商品購入後1年半ぐらいでオイルチェックした後
オイル滲みがあり(2~3日でおさまりましたが)スモールパーツでリザーバータンクのゴム蓋とプラスチックカバーを交換したら直りましたよ  今でも予備持ってます。

おそらくレーさん(レーさんでいいですか?)
写真にもあったタンクの蓋からオイルがにじみ出た写真
があり 不安材料かと思います。
僕も始めこの記事を拝見した時
「アレ?」と思いましたが 新型はタンクの蓋に
ゴム蓋のようなものをかましていないなら
仕方がないのかな?と思います
一度シマノのコールセンターに問い合わせるのが
一番かもしれませんね

個人的な意見ですが、大丈夫ではないかと思います
キャリパー部の漏れは問題ですが
リザーバータンクの蓋からオイルが滲みが一週間で収まるなら
問題ないかと・・・ 
一度レバーを握った状態で輪ゴムで固定し 48時間放置して
滲みが無いかチェックすることを勧めます
滲んでいるとシマノが交換対応してくれます 運賃自分持ちですけどね

最後に長文になってしまい申し訳ございません
レーさんのブログにこんなに書き込んでしまいました。

レーさんが、かなり繊細で細部まで要因分析して
シビア設定をされる方だとブログを拝見し感じます。
問題点はとことん突き詰める 素晴らしい精神だと思いますよ。
その分私生活にも表れますよね 人しても素晴らしい方だと思います。

自転車を細部まで愛されてる方だなあ~と毎回関心して僕も勉強さてて頂いてます。
返答を
お役に立てたかどうか解りませんが、文才の無い僕が
頑張って返答してみました 不安材料を取り除けたら幸いです
誤字脱字はお許しを
では 楽しい自転車ライフを送ってくださいね

 


ねおさまへ

こんな我流のブログに長文のアドバイスいただいて恐れ入ります。
シマノのキャリパーのピストンからオイルが漏れやすいなんて全く知りませんでした。
ほんと目から鱗が落ちましたよ。
あと、ブリーディングする時は、できる限り湿度の低い環境下ですることなんか、まったくノーマークでしたよ!整備のレベルが違いすぎます!

リザーバータンクからのオイルの滲みは、そういうことなんですね。おっしゃる通り、一週間以内で収まっているので、このまま様子を見てみます。
まあ、このオイル滲みに関しても、もう少し聞きたい、説明したいことがあるんですが、今日はこの辺でおいておきますね。
まだまだ、僕なんか整備のレベルも走りのレベルもミーハチックな域から脱出できてません。(笑)
まあ、直接お会いして走行会でもすれば、もっと情報交換できるのですが、住んでる場所が遠方であれば、なかなか難しいかと・・・・・
今回は長文のアドバイス本当にありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ねおさまへ

うまくいってます。待ってます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ねおさまへ

わかりました。
そちらにメッセージ送りました。

瞬間開け閉めについて

『 ブレーキレバーを握った状態でブリードニップルを瞬間開け閉め(約0.5秒間)してキャリパー内の気泡を排出させます。 』
ですが、面ファスナーを使うと一人でもできます。私はそれでやっていますが、先日は(管理が悪く)行方不明になったので、古靴下で代用しました。
靴下をレバー・ハンドルバーに強く巻き付け、1回だけ結ぶ。ブレーキレバーが握り混まれた状態で固定されます。その状態で瞬間開け閉め、です。
キャリパーにエアがたまっていて、レバーを握るたびにニチャニチャ音を立てていた不具合がこれで解消しました。普段はこんなことないんですけどね。

まつおさんへ

面ファスナー

なるほど、確かにそれなら一人でもできますね。
今まで。家に誰か居る時は頼んでましたが、一人だけの時は省略してました。
最近、オートバイでもエア抜きやってるので、今度やってみます。
アドバイスありがとうございました。

Designed by yukihirotsutsumi (template: randomcards2cL1111)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © レーさん All Rights Reserved.